2020/10/03 07:15

岡田健史「コロナ禍」を「コロナうず」と誤読して好感度爆上げしたワケ

 俳優の岡田健史が10月1日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演し、新型コロナウイルスの蔓延による苦境を意味する「コロナ禍」を「コロナうず」と誤読するハプニングがあった。

 岡田は10月9日公開予定の映画「望み」のプロモーションを兼ねてゲスト出演し、作品の見所について「映画を作っている最中には思わなかったんですけど、今はコロナ“うず”に巻き込まれている人類にとって心に響く作品となっています」とコメント。

 この岡田が発した“コロナうず”とのワードに視聴者がすぐさま反応し、SNSでは「コロナうず」を始め、「岡田健史」の名前もトレンド入りする事態に。また、多くのネットニュースでもこの誤読が取り上げられると、岡田は同日中に自身のインスタグラムアカウントを更新し、「コロナ禍でした。未熟者でお恥ずかしい限りです。勉強になりました」と素直な心境を綴っていた。

「すぐさまインスタで“勉強になりました”と反応した岡田には、『誰でも間違うことはあるさ。素直に間違えましたって言えるのは素晴らしい』『そんなに視聴者は気にしませんよ!』『岡田くん、ありがとう! 私も今の今までコロナ渦って読んでた! 感謝です』との好意的な声がネット上に続出しています。今回のコロナの影響で新たに出来た造語ですが、テレビやニュースでは連日のように使用されている言葉でもあり、そうした情報をチェックする暇もないほど、岡田が多忙な生活を送っているのかもしれません。いずれにしても、間違いを間違いとすぐに認めた素直な岡田には、『むしろ好感度上がります』『可愛くて素敵』との声もあり、誤読がプラスに作用した可能性すらありますね」(テレビ誌ライター)

 誰にでも間違いはあるが、その過ちをどのように事後処理するのかが印象を左右するようだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング