岡田健史「コロナ禍」を「コロナうず」と誤読して好感度爆上げしたワケ

 俳優の岡田健史が10月1日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演し、新型コロナウイルスの蔓延による苦境を意味する「コロナ禍」を「コロナうず」と誤読するハプニングがあった。

 岡田は10月9日公開予定の映画「望み」のプロモーションを兼ねてゲスト出演し、作品の見所について「映画を作っている最中には思わなかったんですけど、今はコロナ“うず”に巻き込まれている人類にとって心に響く作品となっています」とコメント。

 この岡田が発した“コロナうず”とのワードに視聴者がすぐさま反応し、SNSでは「コロナうず」を始め、「岡田健史」の名前もトレンド入りする事態に。また、多くのネットニュースでもこの誤読が取り上げられると、岡田は同日中に自身のインスタグラムアカウントを更新し、「コロナ禍でした。未熟者でお恥ずかしい限りです。勉強になりました」と素直な心境を綴っていた。

「すぐさまインスタで“勉強になりました”と反応した岡田には、『誰でも間違うことはあるさ。素直に間違えましたって言えるのは素晴らしい』『そんなに視聴者は気にしませんよ!』『岡田くん、ありがとう! 私も今の今までコロナ渦って読んでた! 感謝です』との好意的な声がネット上に続出しています。今回のコロナの影響で新たに出来た造語ですが、テレビやニュースでは連日のように使用されている言葉でもあり、そうした情報をチェックする暇もないほど、岡田が多忙な生活を送っているのかもしれません。いずれにしても、間違いを間違いとすぐに認めた素直な岡田には、『むしろ好感度上がります』『可愛くて素敵』との声もあり、誤読がプラスに作用した可能性すらありますね」(テレビ誌ライター)

 誰にでも間違いはあるが、その過ちをどのように事後処理するのかが印象を左右するようだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング