「俺あと10年もちますかね?」ビートたけしが34年前に不安を吐露した相手とは?

 ビートたけしと言えば、映画監督としても数々の賞を受賞し、「世界のキタノ」と呼ばれるまでになった、いまや芸能界を代表する大御所。1980年からの漫才ブームで世にその名が知られるようになってからは飛ぶ鳥を落とす勢い、本人の毒舌キャラも相まって、後ろ向きな考えなど欠片もなかったのではと勝手に想像していたが、実はそうでもなかったようだ。

 意外な真実が明かされたのは、芸能事務所・生島企画室が運営するYouTubeチャンネル「生島企画室チャンネル【公式】」の10月16日投稿〈【せんだみつお】せんだみつお的しくじり先生!せんだの絶頂期、彼は何を思っていたのか?せんだみつおを通してあなたも人生を見つめ直してみませんか?〉。明かしているのは1970年代に「ナハナハ」のギャグで一世を風靡したコメディアン・せんだみつおだ。

 1970年代に大人気を博した情報バラエティ「ぎんざNOW!」(TBS、72年~)、「金曜10時!うわさのチャンネル!!」(日本テレビ系、73年~)といった番組にレギュラーを抱えていたせんだ。我が世の春とばかりに、永遠にこの状況が続くのではないかと当時は若気の至りで勘違いしていたという。ところが、ビートたけしは若い頃から考え方が違っていたというのだ。

 話は、86年スタートの視聴者参加型バラエティ「風雲!たけし城」(TBS系)の開始当初まで遡る。「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)が大ヒット、まさに天下を獲らんとしていたその頃、たけしは「せんださん、俺あと10年もちますかね?」と神妙に口にしたというのだ。当時は「せんださん」、今は「せんちゃん」と呼び方が変わっているともせんだは明かし、「もちすぎですよね」とスタジオの笑いを誘うのだった。

 爆発的に売れても決して天狗にならず、日々の葛藤と向き合った結果が「世界のキタノ」を生み出したのだとすると、自らを客観視できる思慮深さとたゆまぬ努力には頭の下がる思いである。

(ユーチューブライター・所ひで)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング