2018/02/10 18:14

「産後ダイエット」を成功させる食事の工夫とは?

 産後は、育児だけでなく、体型維持に悩む方も多いのではないでしょうか。授乳中はとにかくお腹が空きますが、お腹が空くままに食べ続けてしまうと、妊娠前の体型に戻るどころか、さらに体脂肪を蓄えてしまうことも…。とはいえ、過度な食事制限でダイエットをすると、お母さんの健康にもよくないですし、母乳への影響で子どもの発達も妨げてしまいます。なので、必要な栄養素はしっかり摂取しながら、スリム体型を目指したいですね。

 産後にうまく体型を戻せない大きな原因の一つは、カロリーオーバーです。1日の必要なエネルギー量は、体型や体質、体調、運動量によって変わりますので、”あまり運動をしない日の大まかな目安”として捉えるのがいいのですが、活動量が多くない20~30代女性の場合は1700kcal/1日前後、授乳中は2000kcal/1日前後といわれています。

 例えば、イタリアンレストランでオリーブオイルたっぷりのパスタとサラダをオーダー。デザートやジュースをつけたとしたら、一食で800~1000kcalを摂取することになります。育児は体力勝負だからモリモリ食べよう!と、毎食このような食事を取っていると、カロリーオーバーに陥りやすいので注意が必要です。

 また、別の原因としては、筋力の低下が考えられます。とくに、30代以降では筋力が低下することで代謝が下がり、痩せにくくなるといわれます。筋肉は、エネルギーを消費したり、体脂肪を燃焼させたりする重要な役割を担っていますから、筋肉の主な材料である「タンパク質」をしっかり摂取しましょう。

 他に、代謝を高めるのに必要なビタミン・ミネラル類が豊富な野菜や果物も、積極的に食べたい食材の一つ。これらを積極的に取り入れ、炭水化物(ごはんやパン、パスタなどに豊富)を食べ過ぎないようにしたいですね。

 このように、育児でしっかり運動しながら、1日1700kcal~2000kcalに抑えることが、産後ダイエットのポイント。元の体型に戻っても、健康や体力を維持できなければ、育児もままなりません。食事内容を工夫しながら、ぜひ産後ダイエットを成功させてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 45603

    エステも必要なし!? 節約ができて時短にもなる手軽なエイジングケアとは?

    40代になって目元とか口元の小ジワを発見。それからどんどん深くなっているような。しかも、メイクの上からでもほうれい線がくっきり出ているのに気付いたときは、ちょっとショックだった──40歳を過ぎた女性なら、誰もがこんな経験 … 続きを読む エステも必要なし!? 節約ができて時短にもなる手軽なエイジングケアとは?

  2. 45669

    “キレイ”は白い歯から! 歯の着色汚れは意外にも美容食が原因だった!?

    健康リテラシーの重要性が叫ばれている昨今、食への関心も高まっているようです。美活に励む女性にとっても“何を食べるか”は、美容やファッションと同様に大切なポイントになっているのではないでしょうか。近年はスーパーフードが美容 … 続きを読む “キレイ”は白い歯から! 歯の着色汚れは意外にも美容食が原因だった!?

  3. 43849

    『オヤスリムプラチナイト』で美脚対策! “パンパン”脚をスッキリさせたいなら着圧ソックスがオススメ!

    『オヤスリムプラチナイト』は美脚を望むあなたにオススメの着圧ソックスです──いよいよ寒さが厳しくなってきましたね。この時期は冷えによる「むくみ」の症状も表れやすく、女性にとってはホントに悩ましい! さらに、厚手の靴下やタ … 続きを読む 『オヤスリムプラチナイト』で美脚対策! “パンパン”脚をスッキリさせたいなら着圧ソックスがオススメ!

注目キーワード

ランキング