2016/1/15 9:59 AM

擁護する芸能人仲間までクズ扱い!主婦層のベッキーたこ殴りがもう止まらない

20160115becky

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音とのスキャンダル発覚で、タレントとして完全に窮地に立たされているベッキー。出演しているCMの放映打ち切りが発表されるなど、待ったなしの状態が続いている。

「現在、ベッキーが出演しているCMは10社。そのうち1本の打ち切りが決定しており、さらに2社が今回の騒動と関係なく、1月中で放映を終了する予定です。『ローソン』もCM放映の打ち切りを検討中と回答しています。これまで大きなスキャンダルがなくCMで使いやすいというのがベッキーの売りだっただけに、今回のイメージダウンは体を切り刻まれるほど痛いはず。これからさらに、契約打ち切りを表明してくる企業は増えるでしょう」(週刊誌記者)

 一部の同情論などかき消されるかのように、ネットでも大バッシングの嵐は吹き荒れたままだ。

「ベッキーはいい子だとか擁護する芸能人も同類のクズ。これとそれとは違う」「企業もシビアだけど、CMで見た瞬間に“ゲスの極み”と思っちゃうもんね」「主婦層はすべて敵に回したと思う。ファミリーものとか保険のCMとか本気でナシだよ」など、既婚女性からの声は本当に容赦ない。

「ベッキーはこれまでスキャンダルを起こしたタレントの中でもダントツでCM出演数が多い。契約中にスキャンダルを引き起こしたら違約金が発生することになりますが、それを支払うだけでも何億円が吹っ飛ぶのか。かつてサンミュージックに所属していた酒井法子の際は5億円の違約金が動いたと言われていますが、ベッキーはCM10本、テレビやラジオのレギュラー、すべての違約金を合わせたら数十億のとんでもない額になるのでは? サンミュージック存続が危ぶまれる最悪の事態になってきてしまいました」(前出・週刊誌記者) 

 まるでジェットコースターのような転落劇に、一番驚いているのはベッキー本人だろう。

(臼田鞠子)

Asa-Jo チョイス

  1. 11241

    ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

    30代から気になりだすのが目や口元の小じわ。肌にも潤いがなくなってくれば化粧のりも悪くなり、見た目年齢も急上昇していきます。こうした肌の老化のはじまりには「とにかく保湿!」とばかりに、化粧水や保湿パック、美容液、クリーム … 続きを読む ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング