2016/2/29 9:59 AM

弁護士でさえ保育園難民に?大渕弁護士のケースが他人事ではないワケ

20160229obuchi

「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)のレギュラーとして知られる大渕愛子弁護士が、3月で1歳になる長男を保育園に入れようとしたものの、自治体での説明を聞いてあきらめたことを明らかにした。いわゆる待機児童問題が直撃したわけだが、弁護士すら保育園事情に困る現状を女性誌のライターが解説する。

「勘違いされがちですが、弁護士などの収入が多い人でも子供を保育園に入れることは可能です。ただ自治体の審査では切迫度の高い家庭が優先されるので、弁護士の家庭は後回しになりがち。しかも保育園の入園認定は毎年ごとに行われるので、いま保育園に通っていても来年は出されてしまうことさえあります。実例として、翌年の入園認定が厳しいとわかったことから実家のある隣の県に引っ越した弁護士家庭もあるほどです」

 子供の保育事情に関しては、子供のいない人にはピンと来ない部分も少なくない。大渕弁護士のケースにしても、保育園がダメなら幼稚園に入れればいいのにという声もあるようだ。そんな勘違いについて前出の女性誌ライターが指摘する。

「幼稚園では14時くらいまでしか預かってくれないことを知らない人が多いんですね。そのため共働きの家庭では、お迎えに行ってくれる人がいない限り幼稚園は利用できません。祖父母との同居だったり、ベビーシッターを雇っている家庭もありますが、幼稚園ママのほとんどは専業主婦。平日の午後に公園で遊んでいる母子がいたら、幼稚園児の可能性が高いですね」

 芸能人のなかには地方から親を呼び寄せ、生活の面倒を見る代わりに子供の世話をしてもらうケースも。だが子供がすっかり祖父母に懐いてしまい、親として寂しい気持ちを味わうこともあるという。裕福な家庭にもそれなりの苦悩があるようだが、それでも庶民にとってはなんとも羨ましい話だろう。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 11241

    ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

    30代から気になりだすのが目や口元の小じわ。肌にも潤いがなくなってくれば化粧のりも悪くなり、見た目年齢も急上昇していきます。こうした肌の老化のはじまりには「とにかく保湿!」とばかりに、化粧水や保湿パック、美容液、クリーム … 続きを読む ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング