バックハグで反応を確認!?彼の負担にならず“上手に甘える”3つのポイント

「彼氏に甘えたくても甘えられない……」という悩みを持っている女性は多いですよね。男性は彼女から甘えられるのが好きという人が多いですが、そうだとしても「負担にはなりたくない」と考えるのが女心。どうすれば彼氏に負担をかけずに、上手に甘えることができるのでしょうか?

■少し甘えて様子をみる

 最初から全力で甘えようとしてしまうと、彼が疲れていたときなどには「面倒だな」と思われてしまいます。そうならないために、まずは少しだけ甘えて彼の反応をみてみましょう。

 オススメは後ろからのバックハグ。彼がうれしそうな反応を返してきて、そのままイチャイチャできそうなら甘えてOKなサインです。「何?」と冷たい反応をされたら、「何でもないよ」とすぐに離れてくださいね。

■小さなお願いと感謝

 お願いごとをすることも甘える方法の一つです。「○○して欲しいな?」とか「○○が分かんないから、やってくれない?」と彼を頼ってみましょう。

 そして、彼がお願いごとを聞いてくれたら、感謝の気持ちと褒め言葉をかけることを忘れずに。男性は彼女から頼られ、褒められ、感謝されたらとてもうれしい気持ちになるものなのです。

■「甘えたい」と素直に伝える

 できることなら、素直に甘えたい気持ちを口に出してしまいましょう。「寂しいよ」とか「甘えたいよ」とか「ハグしてー」など、セリフはどんなものでもOK。大切なのは、彼のことが大好きで甘えたい気持ちを持っていると伝えることです。笑顔で甘えたいと言われて、断る男性はほぼいないはずなので、思い切って素直になっちゃいましょう。

 甘え上手な女性って、男性からモテますよね。それは、甘えられることを男性が好きな証拠です。とくに、男性は自分の好きな女性から甘えられて嫌な気持ちになったりはしません。ただし、甘え方も一歩間違えるとただのわがままになってしまうので、その境界線だけはしっかり見極めてくださいね。

大山奏(おおやまかなで) 大学で心理学を専攻し心理カウンセリングを学ぶ。心理学を恋愛やライフスタイルに応用して楽しむ方法をいつも考えている。アロマテラピスト、カラーセラピスト、整体師でもある。多くの媒体で恋愛コラム、ハウツーを執筆中。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング