2020/11/06 07:14

リビングを“モノだらけ”にしないためのヒント

「せっかく片付けたリビングが、家族で過ごす数時間のうちにまるで片付ける前のようにモノだらけになってしまう……」という悩みはありませんか? 片付けても片付けてもモノだらけになってしまうリビングで整理整頓の負担を減らすには、モノが迷子にならず増えても散らからない、次のような工夫がオススメです。

■一人ひとりの“専用ボックス”を設置する

 リビングで複数人が過ごすと、それぞれが自分のモノを持ち寄って、気付けばリビングにはないはずのものが増えていく……ということも。「片付けてね」では済まないときは、とりあえず持ち主の専用ボックスに入れておくのがオススメ。後で本人が片付けるようにしたり、各自の部屋に返却するようにしたりするとスムーズです。マイボックスの中身がたまったらどうするか、家族内でルールを決めておくのもいいですね。

■収納に余白を作っておく

 数日後に使用する書類や一時的に使いたいものなど、臨時・期間限定で置いておきたいモノの置き場を作っておくと安心です。引き出しの1つを空にしたり、“とりあえずボックス”を設置したりすると管理しやすいですよ。今あるモノの置き場でリビングがいっぱいになっていると、一つでもモノが増えれば片付いていないように見えてしまいます。少し余白を残しておくことで、臨機応変に収納状況を変更することができます。

■収納場所は「動作」でラベリングする

「切る」「貼る」「書く」「遊ぶ」など、動作ごとに収納場所を決めると、どのあたりにそのアイテムを置いておきたいかを考えやすくなります。アイテムの名前でラベリングすると数が多くなりがちですが、この方法ならざっくりと少ない数でグループ分けをすることが可能。細かく整理したい場合は、引き出しやボックスには動作名を記しておき、中に細かい種類ごとの仕切りやラベリングを付けるようにするのがよいでしょう。

 過ごしている人が簡単に片付けられ、片付ける人の負担が減るような仕組み作りをすることで、整理整頓のストレスを軽減しやすくなります。家族で片付けのルールを共通認識にしておくのも重要なポイント。ぜひ、家族会議を開いて理想のリビング作りを成功させてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 101049

    衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

    本格的な冬支度は進んでいますか? 衣類の入れ替えのときって、害虫やカビ、シワになるなどの失敗も多々ありますよね。そんな“困った”を事前に防ぐために、衣替えのNG事項をみていきましょう。■1回でも着用したのに、洗濯やクリー … 続きを読む 衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング