リビングを“モノだらけ”にしないためのヒント

「せっかく片付けたリビングが、家族で過ごす数時間のうちにまるで片付ける前のようにモノだらけになってしまう……」という悩みはありませんか? 片付けても片付けてもモノだらけになってしまうリビングで整理整頓の負担を減らすには、モノが迷子にならず増えても散らからない、次のような工夫がオススメです。

■一人ひとりの“専用ボックス”を設置する

 リビングで複数人が過ごすと、それぞれが自分のモノを持ち寄って、気付けばリビングにはないはずのものが増えていく……ということも。「片付けてね」では済まないときは、とりあえず持ち主の専用ボックスに入れておくのがオススメ。後で本人が片付けるようにしたり、各自の部屋に返却するようにしたりするとスムーズです。マイボックスの中身がたまったらどうするか、家族内でルールを決めておくのもいいですね。

■収納に余白を作っておく

 数日後に使用する書類や一時的に使いたいものなど、臨時・期間限定で置いておきたいモノの置き場を作っておくと安心です。引き出しの1つを空にしたり、“とりあえずボックス”を設置したりすると管理しやすいですよ。今あるモノの置き場でリビングがいっぱいになっていると、一つでもモノが増えれば片付いていないように見えてしまいます。少し余白を残しておくことで、臨機応変に収納状況を変更することができます。

■収納場所は「動作」でラベリングする

「切る」「貼る」「書く」「遊ぶ」など、動作ごとに収納場所を決めると、どのあたりにそのアイテムを置いておきたいかを考えやすくなります。アイテムの名前でラベリングすると数が多くなりがちですが、この方法ならざっくりと少ない数でグループ分けをすることが可能。細かく整理したい場合は、引き出しやボックスには動作名を記しておき、中に細かい種類ごとの仕切りやラベリングを付けるようにするのがよいでしょう。

 過ごしている人が簡単に片付けられ、片付ける人の負担が減るような仕組み作りをすることで、整理整頓のストレスを軽減しやすくなります。家族で片付けのルールを共通認識にしておくのも重要なポイント。ぜひ、家族会議を開いて理想のリビング作りを成功させてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング