ヒロシ、流行語大賞授賞式でボヤいた“あのネタ”封印の理由

 その年に流行した言葉に送られる、毎年恒例の「現代用語の基礎知識選 2020ユーキャン新語・流行語大賞」が12月1日に発表され、大賞には「3密」が選ばれた。

「トップ10に入った言葉には『アベノマスク』『アマビエ』『オンライン○○』『Go Toキャンペーン』と、新型コロナウイルス関連の言葉が並びました。まさに“コロナに始まりコロナに終わった”2020年を反映した結果になりましたね」(ネット系ライター)

 コロナ以外でトップ10に入ったのは韓国ドラマ「愛の不時着」、Nintendo Switchのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」の略である「あつ森」、公開中の映画の興行収入が200億円を突破し、歴代日本1位に迫る「鬼滅の刃」、今年ブレイクした人気YouTuber「フワちゃん」、そして、誰に気兼ねすることもなく一人で楽しむ「ソロキャンプ」が選出され、「ソロキャンプ」では受賞者としてお笑い芸人のヒロシが登壇した。

「ソロキャンプは“3密”を気にせずに楽しめるということで、特に今年に入って人気になり、言葉としても一般に浸透しましたので、ある意味“コロナ関連”の流行語と言えそう。ヒロシさんは自身の公式YouTubeチャンネルで、ソロキャンプを行っている動画が注目を集めて再ブレイク。今回は“ソロキャンパー芸人”として紹介されましたね」(前出・ネット系ライター)

 登壇したヒロシは「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べつつ、「でも僕じゃなくて『ソロキャンプ』なんですよね?」と、得意のボヤキ節。

 ヒロシは2003年、「ヒロシです…」のネタで一気にブレイクした過去を振り返り、「17年前、僕は『ヒロシです…』のネタで売れたんですけど、その時ですらここに立つことはなかったのに何で今さら…」と笑いを誘いつつ、「マナーを守って楽しんで。マナーが悪い人がいるとSNSで俺に悪口が来るんで」と、ソロキャンプ愛好者として呼びかけた。

 ヒロシは取材陣からキャンプネタの披露を要望されたが、「もうネタは作れないんです。『ヒロシです』はもうやっていない。店じまいです」と、最後まで哀愁を漂わせた。

 ヒロシは公式YouTubeチャンネルにて、主にソロキャンプの動画を配信。どの動画も視聴数は数十万回に達し、多い時は100万回を超える人気で、登録者数も100万人を超えている。

「ヒロシです…」ネタ以上に息の長い再ブレイクとなりそうだ。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 100375

    30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング