コロナ禍の“ソーシャルディスタンス”では恋愛は生まれない!?

 アメリカの心理学者R・ソマーの“パーソナルスペース”の研究は、物理的な距離という原因が人間関係に影響を及ぼすことを示しています。

 人間における距離は、次の4つに分かれます。一番近いのは「密接距離」と呼ばれる、45cm以内の距離感です。すぐに触れるような距離ですので、かなり親しい2人でしかありえない距離感といえます。

 次に近いのが「個体距離」の45~120cm。手を伸ばせば届く距離なので、夫婦や恋人、友だちとならありえる距離です。逆に、それほど好意を持っていない異性がこの距離にいたら、違和感を覚えることでしょう。

 次が「社会的距離」の120~360cm。文字通り、とてもオフィシャルな距離感です。全く体が触れ合わない距離であり、仕事相手などとの距離感といえますね。

 そして、最後は360cm以上の「公衆距離」。細やかなコミュニケーションは取りにくく、また、細やかなコミュニケーションを取る相手との距離感ではないです。例えば、スーパーであっちの棚を見てる人とこっちの棚を見ている私の距離感。他人との距離ですね。

 人は常に、快適なパーソナルスペースを必要としています。そのため、自分が思う距離感より近くに誰かが来ると、身構えてしまいますよね。逆に、親しくなりたい人が遠くにいると寂しさを覚えます。また、こうした身体的な距離に、心理面が引きずられる場合も多々あります。

 どういうことかというと、いつも遠い距離にいる人よりも、いつも近くにいる人に親しみを覚えるものなのです。つまり、誰かと近くにいれば、その人とは恋愛が芽生えやすいのです。誰とも近くにいられないと、恋愛が生まれにくいわけです。

 となると、コロナ禍でソーシャルディスタンスを気にしなければいけない昨今は、とても恋愛が生まれにくい環境だといえます。

 たまたま、バーや居酒屋で隣の席になった人とハイタッチして盛り上がったり、ライブハウスで肩寄せあった人と一緒に拳を上げてアーティストを応援したり……そういう近い距離感で誰かと過ごすことがほとんどない今は、恋愛氷河期といえるのかもしれませんね。

 こんなときは、オンラインで恋活や婚活をするなど、リアルではなかなか縮めにくい距離を、ネットで縮めていくのがいいでしょう。便利な時代。工夫をしながら、恋愛氷河期を乗り切りたいものです。

(恋愛カウンセラー・安藤房子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング