“痩せる食事”よりも“太らない食事”の方がダイエット効果が高い理由

 年末年始といえば体型の変化にとくに敏感になりますが、時期にかかわらず、常に「気付けば万年ダイエッターだ」「今度こそと思っても、毎回リバウンドしてしまう」「健康的に痩せたい」と不安や悩みを抱えている女性は多いことでしょう。

 実はこれらに当てはまる場合は、“痩せる食生活”よりも“太らない食生活”に変えることで、新しい自分に出会えるかもしれないのです。

■痩せる食事で痩せない理由

 運動量を増やさずに食事だけで痩せようとすると、満足感の得にくい薄味の料理や低カロリーの食材ばかりを食べて、ストレスを溜めてしまいがち。もちろん、これまでよりも摂取カロリーが減れば、それだけ体重は減りやすくなります。

 しかし、味気ない食事や栄養価の低い食事を続けることで、満足感を得られず逆に食べたい思いが募ってしまったり、栄養不足から代謝が低下して痩せにくい体質になったりして、リバウンドしやすくなることも。

 うまくいかないということは、方法に無理があるということ。痩せやすい食材や調理法ばかりに気を取られて健康を害しては元も子もありませんから、健康的に体を引き締める方法を目指しましょう。

■太らない食事でも痩せられる

“太らない”食事ではすぐに効果がみられず、いつまでも痩せられないように感じてしまいがち。選ぶのに勇気が必要なこともあります。しかし、いきなり大幅な体重減少が見込める食事内容に変更するよりも続けやすく、食べることの幸せを実感しながら進めることができます。日々に満足できると、運動量を増やしたり、今よりも少し食事量を減らしたりするような次のステップにも進みやすく、前向きにダイエットを成功させやすくなります。

 太らない食事とは、体が求める栄養素が十分に補給でき、食べ過ぎのない量のこと。まずは食事の栄養バランスを整えて、腹八分目を目指しましょう。腹八分目に慣れないうちは、腹七分目では満足しにくいものです。ダイエットがうまくいかないと感じたら、頑張り過ぎずに緩やかに路線変更してみてはいかがでしょうか。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング