夏のダイエットはここに気を付けて!

 夏は薄着になるためダイエットのモチベーションが高まりやすい季節ですが、同時に無理なダイエットで不調を起こすこともあります。そのため、ダイエットを行うなら次のような点に注意しましょう。

■運動場所や時間帯に気を付ける

 暑い時期に激しい運動を長時間続けると、脱水症状や熱中症などさまざまな不調のリスクが高まります。ダイエットと同時に美肌づくりも行いたい場合は、とくに注意が必要。炎天下での激しい運動や紫外線の降り注ぐ場で長時間過ごすことは、できるだけ避けましょう。暑さや日差しの強い時間を避けて運動をする、温度や湿度を管理した室内で運動をするなどの工夫が重要です。

■冷たいもの・あっさりしたものばかりを食べないようにする

「暑いから……」と冷たいものばかりを食べて体を冷やすと、代謝が低下しやすくなります。また、そうめんなどあっさりしたものばかりを食べ続けると、栄養バランスが偏りやすく代謝低下の大きな原因になり得ます。そのため、夏でも温かい料理で体内を温めたり、栄養バランスを整えたりすることが重要です。とはいえ、熱いものばかりでは気分的にネガティブになって、ダイエットのモチベーションを維持しにくくなりますから、冷たい冷奴を食べたり温かいお味噌汁を味わったり、上手にバランスを取りましょう。

■汗をかけば痩せると思い込まない

 運動ではなく温度調節のための発汗では、大きなエネルギー消費が見込めません。逆に、室内を快適な温度に保って発汗量を抑えても、しっかり体を動かしていればそれだけエネルギーを消費します。汗をかくことも重要ですが、それだけにとらわれずに体を動かす工夫を取り入れましょう。不快指数を上げることよりも、不調を防ぐ快適な環境下で運動量を増やす方法を考えてください。

 温度や日差し、湿度による不調を避け、代謝を高める豊富な栄養を摂り入れ、たっぷり体を動かすこと。心地よく続けられる運動と日々の健康管理で、美しいボディラインを実現してくださいね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング