立川志らく、金メダル噛み付きで炎上中の名古屋市長の名で秀逸な“言葉遊び”

 落語家の立川志らくが8月5日に自身のツイッターアカウントを更新し、ソフトボール・後藤希友投手の金メダルを噛んだことで大炎上の河村たかし名古屋市長について言及した。

 河村市長は4日、表敬訪問でやってきた後藤投手から金メダルを渡されると、それを首からぶら下げ、唐突にガブリ。わざわざマスクを外し、コロナ禍で直接口を当てての噛み付きとあって、大きな批判に晒された。

 そうした中、志らくは5日に「出たな妖怪金メダル噛み付き男!」とツイートすると、その後も「普通の感覚ならば金メダルに直に触れない。それを噛むって妖怪の仕業だよ」と糾弾。6分後には「河村たかし。かわむらたかし。かむから わたし。噛むから私。名前の中で既に予告していた。やはり金メダル噛み付き妖怪だ」と綴り、河村市長の名前を並び替えた言葉遊びで皮肉たっぷりに投稿した。

「河村市長には、感染対策に対する意識の低さだけでなく、必死の努力で悲願のメダルを手にした後藤投手へのリスペクトやマナーの欠落に関しても非難が殺到しています。そうした大炎上案件が勃発する中、見事なアナグラムを用いて市長を皮肉った志らくにはネットから『これはなかなか。志らくさん、さすがよく気付いたと思う』『プロの片鱗を見せた』『笑ってはいけないけど笑った』『こういうところでアナグラムを思いつけるのは落語家ならではの能力だな』などの絶賛が集まり、中には『志らくが落語家だということを改めて認識した。座布団一枚』といった声までありました。

 志らくといえば、年末恒例の漫才大会『M-1グランプリ』にて審査員を任されるも、ジャッジをする側の人間として不相応だとして『志らくはいらない』『あの人の凄さがわからない』といったヤジが上がることもありました。しかし、今回のユーモアを交えた市長への投稿は、そうした指摘を払拭するような秀逸なクオリティだったのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 落語家の面目躍如といったところか。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング