この夏、アンテナショップへGO!美味しく食べたい“ご当地ソウルフード”2選

 夏休みの旅行、今年も自粛しなければならないようです。でも、アンテナショップに行けば、国内旅行に行った気分になることはできるんです。そこで、鳥取県と青森県のアンテナショップで提供されている、ご当地フードを活用した“美味しいもの”を紹介します。

■鳥取名物「とうふちくわ」を使用したタンパク質いっぱいのご当地弁当

 東京都港区にある鳥取県のアンテナショップ『とっとり・おかやま新橋館』では、鳥取県のソウルフード「とうふちくわ」などを使用し、とっとりふるさと大使でプロテインマイスターの資格を有する芸人がプロデュースしたお弁当を、8月22日までの期間・数量限定で販売。それが、動物性・植物性両方のタンパク質を同時に摂取できる「ダブルたんぱく質マシマシ弁当」です。

「とうふちくわ」は、木綿豆腐と白身魚のすり身をほぼ7対3の割合で混ぜて蒸し上げたもので、アンテナショップの売り上げでも毎月上位にランクインする人気商品なんだとか。さらに、鳥取和牛のローストビーフや境港産の紅ずわいがに爪など、鳥取名物も入っているそう。タンパク質いっぱいなのは、美容と健康に興味のある女性にもぴったりです。

 他にも9月5日まで、「鳥取県産紅ずわい蟹のかに重」や「鳥取和牛のローストビーフ重」など、鳥取県の味が楽しめるお弁当も販売されるようなので要チェックですよ!

■青森県つがる市の贅沢なメロンパフェ

 東京都新宿区にある青森県つがる市のアンテナショップには、メロン専門工房『果房メロンとロマン』があり、その注目の新メニューが7月7日より販売されています。

 それは、メロンを約1/4玉使ったとっても贅沢な「メロンとレモンのグランパフェ」。メロンと共にレモンのグラニテやレモンケーキ、糖蜜レモンが味わえ、メロンとレモンの組み合わせが新感覚で爽やかさを感じられるパフェです。その他、「大玉メロン1個をまるごと使った贅沢スムージー」や糖度17度以上のタカミメロンも気になるところ。夏季営業は9月5日までなので、急いで訪れたいですね。

 アンテナショップは、旅行に行けない今だからこそ魅力が増す場所。今年は、現地でしか食べられないご当地フードをいただいて、旅行気分を味わっちゃいましょう!

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング