長嶋一茂の「何様な言動」のターゲットにされた被害者たち

 タレントの長嶋一茂がテレビ朝日の山本雪乃アナウンサーに対するパワハラ発言で大きな批判にさらされている。

 騒動の発端は、8月20日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)にて、長嶋が発言している最中に突如“カットイン”した山本アナのコメントだった。

 番組では、東京五輪陸上男子110障害で金メダルに輝いたジャマイカのハンスル・パーチメント選手に対する大会スタッフの咄嗟の振る舞いを紹介した。女性スタッフは危うく競技に遅刻しかけていたパーチメント選手に自腹でタクシー代を貸したことで、無事に遅刻を回避させ、同選手は見事金メダルを獲得。再び女性スタッフの元へ戻り、感謝の気持ちを示すと、タクシー代を返金するという出来事があったのだ。

 この心温まるエピソードに対し、長嶋は「彼女とパーチメント選手が出会わなかったら、金を獲ってなかったと思う」「でも、ほかのボランティアも同じようなことを、僕は日本人だったらしてたというふうに思ってます」などと絶賛していたところ、突然山本アナが長嶋のコメントに被せながら「まさに私、オリンピックの取材に行ってるんですけど、びっくりするくらいのおもてなしなんですよ」とカットイン。

 自身の発言する時間を奪われた格好の長嶋は「今、山本、俺がしゃべっていたんで、入ってきてほしくなかったんだけど」と不機嫌そうに述べ、山本アナはこれに「それはごめんなさい。すみませんでした。ごめんなさい」と神妙な表情で謝罪。しかし、長嶋の機嫌は直らず、「そのカットインはいいんだけど、でも、ごめん。もうしゃべることないわ」とコメントを続けることはなかった。

 この一連のやり取りに対し、ネットでは「長嶋のパワハラ発言が不快」「長嶋は何様なの?」「心狭すぎ」「山本アナがかわいそう」との声が殺到。ただ、長嶋による“何様”な言動が問題視されたのは今に始まったことではない。

「長嶋の歯に衣着せぬ物言いは時に爽快なクリーンヒットとなってスタジオを沸かせることも多いですが、不愉快だとしてバッシングを浴びることも少なくありません。さかのぼれば1996年、彼のプロ野球選手としての幕引きにつながった暴言事件は誰もが知るところでしょう。巨人軍で直属の大先輩だった土井正三コーチからのバント練習に嫌気がさした長嶋は『あいつ、何様のつもりだよ! くだらねぇ! あんなヤツいらねぇよ!』と吐き捨て、大騒動に発展。球団から罰金と2軍降格処分を受けました。さらに同年オフには当時の監督で父の長嶋茂雄氏から戦力外通告も言い渡され、現役を引退することに。後に長嶋はバラエティ番組でこの大失言を振り返った際、『やっぱり、長嶋茂雄の息子なんだという気持ちがあった』と反省し、『申し訳ありませんでした』と謝罪しています」(テレビ誌ライター)

 まさに“口は災いの元”となった長嶋のアスリート人生ではあったが、タレント転身後にもそのキャラクターが完全に解消されることはなかった。

「2019年1月3日放送の『キスマイ超ブサイク!?』(フジテレビ系)での長嶋の懺悔は大きな反感を買いました。芸能人の未解決事件の1つとして、長嶋は1998年に同局の『プロ野球ニュース』のキャスターに就任した際、当初番組に起用される予定だった西山喜久恵アナを拒否したと告白。なんと『色香があるから』との理由で西山アナではなく、無理やり中村江里子アナの起用をプッシュすると、『短いスカートを履け』『脚を映さなきゃダメ』といった指示も出していたと振り返りました。2019年時点では反省した様子を浮かべた長嶋でしたが、ネット上では『性的ハラスメントとパワハラのフルコンボ』『キモすぎる』といった批判が続出。長嶋による局アナへのパワハラは古くから根付いてきたものだったようです」(テレビ誌ライター)

 いつまでも「長嶋茂雄の息子」という立場にぶら下がっているのであれば、早急に態度を改める必要がありそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング