「夫が子どもと遊んでくれない……」ときはどうすればいい?

 コロナ禍の自粛中では、小さい子どもをあまり外へ連れ出せないため、おうちで遊ばせなければなりませんよね。そんなとき、「夫がなかなか子どもと一緒に遊んでくれない……」と悩む妻もいるようです。夫が子どもと楽しく遊んでくれれば、子どもにとってもいいですよね。では、どうすればよいのでしょうか。みんなの解決案をチェックしてみましょう。

■遊び方を指定してあげる

「子どもと遊んで」と言っても、夫は子どもとの遊び方が分からないこともあるようです。妻のほうから「絵本読んであげて」「ゲームを一緒にしてあげて」などと遊び方を指定してあげれば、夫は難しく感じず、やりとげられるかもしれませんよ。

■下の子を預ける

 子どもが2~3人いるのなら、一番小さい子を夫に預け、妻である自分は上の活発に遊べる子と遊んで過ごすというアイデアも。これなら、夫は子どもと一緒に遊ぶというより、抱っこしているだけだったり見ているだけだったりとなるので、気楽かもしれませんね。

■「男はこんなもの」と割り切る

 子どもと遊んで欲しいのに、何度言っても遊んでくれない夫。「男はこんなもの……」と割り切るという妻もいます。もちろん、男性であっても子ども好きはいるので一概にはいえませんが、割り切ったほうがうまくいく夫婦もあるでしょう。

 いかがでしたか? これらをヒントにしながら、コロナ禍の大変な育児を乗り切ってくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング