リバウンド対策にも! “うっかり太り”を防ぐ3つの習慣

 せっかくダイエットに成功したのに、ちょっとしたきっかけでリバウンドしてしまった……! そんな失敗を防ぐには、日々の運動量を確保しておくことが重要です。次のようなルールを設けて習慣化すると、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを整えやすくなりますよ。

■たくさん食べたいご褒美タイムは「運動をしてから」

「後で運動するから、今は食べちゃおう!」が積み重なると、運動をしない間に食べる量だけを増やす結果になってしまうことも。食べたいときはその分先に運動をするルールにすれば、「食べた分だけ消費できなかった……」という失敗を防ぎやすくなります。空腹時に過度な運動やトレーニングをすると体調を崩す可能性がありますので、必要な栄養摂取は確保したうえで運動を楽しみ、ご褒美タイムに向けて整えましょう。

■毎日20分以上「早歩き」で移動する

 筋トレや有酸素運動ができない日があっても、日常生活の中でしっかり体を動かしていれば消費エネルギーを確保しやすくなります。トレーニングとは別に、家の中での移動や通勤・通学時の移動を早歩きに置き換えるのがオススメ。いつもの歩行での運動効果を高め、消費エネルギーをアップさせるのに役立ちます。

■睡眠不足を防ぐ

 運動・食事習慣とは別に、睡眠習慣も整えておきましょう。寝不足による不調やイライラはドカ食いの大きな原因です。それでは代謝を低下させ、痩せにくい体質にしてしまう可能性もあるので要注意。食事の栄養・カロリーバランスを整えるのに加えて、毎日の睡眠習慣も整えましょう。

 少しくらい食べ過ぎたとしても太らないだけの運動量や体調の整え習慣を持っておくと、ストレスを軽減して代謝を高めることができますし、心にも余裕ができて食事を楽しめます。ダイエット成功後も、ぜひ健康的な栄養・運動習慣を続けてくださいね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング