嵐誕生時の衝撃秘話!櫻井翔がグループの中心になるはずだった

 嵐はセンター不在のグループだ。芸能活動を休止中の大野智には「リーダー」の肩書きがあるが、これはあくまでも便宜上。キャリア、年齢ともに最年長のためしっくりくるが、呼称というほうが正しい。

 さかのぼれば99年の嵐結成前、グループの中心人物は櫻井(当時は桜井)翔だった。相葉雅紀がハワイで開かれるデビュー記者会見の3日前に、ジャニー喜多川氏から電話で「YOU、パスポート持ってる?」と聞かれ、「持ってるよ」と答えたことで、“5人目の嵐”なったことは有名。反して櫻井は、「YOUはリードボーカルね」と言われており、“最初の嵐”だった。

「櫻井さんはジャニーさんから電話で、『ワールドカップバレーボールのイメージキャラクターやるんだけど、やらない?』と持ち掛けられています。返事を渋っていると、『リードボーカル』というパワーワードを出され、これに惹かれて『じゃあ、やってみる』とOKしたのです」(アイドル誌ライター)

 デビューシングルは「A・RA・SHI」。だが、原型となった「REACH OUT FOR MY DREAM」という楽曲も、デビューの候補に挙がっていた。この曲を櫻井だけは、有名な先生の自室にあるスタジオで、1人でレコーディングしている。松本潤と二宮和也は普通のレコーディングスタジオだったことから、櫻井がいかに特別扱いされていたかがうかがい知れる。

 アイドルを長く続けるつもりがなかった大野は、ジャニー氏から「レコーディングを手伝って」と持ち掛けられ、「ラップとメロディどっちがいい?」と二者択一を迫られた。「メロディ」と答えたことで、必然的に櫻井のラップ担当が決定。のちに、「A・RA・SHI」ほか多くのシングルでラップパートを担当することになり、“サクラップ”の造語が誕生。偶然の産物だった。

「デビュー前、ニノはジャニーさんから、『櫻井が大学に入ったから、櫻井が主役のグループをバレーボールでやるから』とはっきり言われています。当時、櫻井の耳には入っていませんでしたが」(前出・アイドル誌ライター)

 ジャニーズJr.たちに言わせれば、ジャニー氏の「YOUが中心のグループを作るから」は常とう句。増田貴久もNEWS結成前に言われている。ところが、ふたを開けたらメンバー全員に言っていたことが判明。増田は中心どころか、後方が定位置だった。

 嵐は結成から22年が経った。いつしか、櫻井だけではなく全員がセンターというモンスターグループに成長した。大みそかでグループ活動を休止しておよそ1年。2022年には、ぜひとも5人一緒の姿を見たいものだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング