2016/07/01 09:59

ジャニーズ主演が「ジョジョ」では揉めて「東京喰種」では揉めなかったワケとは?

20160701johnnys

 マンガ作品の実写映画化を巡って、2つの作品における違いが浮き彫りになっている。まずはジャニーズを巻き込む騒動になったのが「ジョジョの奇妙な冒険」だ。嵐の松本潤が主役を務めることで話が進んでいたが、原作者が松本の起用に難色を示し、一転して主役が山崎賢人に変更。これにジャニーズ側が激怒したというのである。

 それと好対照なのが「東京喰種トーキョーグール」だ。こちらでは原作者直々のご指名で窪田正孝が主役を務めることとなり、ジャニーズは最初から蚊帳の外だった。両作品は同じ出版社が発行しており、このような違いが出たことは不思議に思える。そのからくりを映画ライターはこのように推測する。

「ジャニーズがマンガ原作の映画に所属タレントを押し込んでいるのが明らかです。Hey! Say! JUMPの山田涼介は『暗殺教室』に続いて『鋼の錬金術師』の主役に決定。Sexy Zoneの中島健人は『黒崎くんの言いなりになんてならない』で主役を務めています。とはいえ、マンガ原作ならどんな作品でもいいというわけでもなさそうで、作品を選んでいる節が伺えます」

 これらの作品では、主役がれっきとしたヒーローとして描かれているのが共通点だ。「黒崎くん…」の主人公はドSキャラだが、映画の内容はいわゆるスイーツ系で、女子にモテモテのイケメンといういかにもジャニーズ向きの配役だった。それに対してジャニーズが敬遠する作品とはどんなものか。前出の映画ライターが指摘する。

「いわゆるダークヒーローものですね。『東京喰種』の主人公は、人間を食べる喰種(グール)の性質を身につけてしまった半喰種。ほかには10月公開予定の『デスノート Light up the NEW world』にもジャニーズは関わっていません。ジャニーズのタレントはコンサートでスポットライトを浴びて輝くのが仕事ですから、ダークヒーローは彼らのイメージにそぐわないと判断しているのかもしれませんね」

 ジャニーズと揉めることを避けたい出版社は、まずはダークヒーローものから実写化を進めたほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング