浜崎あゆみ、まさかの放送禁止用語でファンを虐めたネット民を撃退!

 SNSの差別や誹謗中傷はいつまで経ってもなくならないが、有名人がここまで言ってくれたらファンも感動するはず。SNS上にも「さすが」「ありがとう」の声が盛りだくさんになったようだ。

 発端は、歌手の浜崎あゆみがインスタグラムのストーリーズで自身の曲「Nonfiction」のダンスを路上でカバーしている仙台のファンを紹介したこと。浜崎はそのダンスに「可愛すぎて」と書き添え、ファンを歓喜させていた。ところが、そのダンスを披露していたファンに対し「汚ねえんだよニューハーフ死んじまえ」という誹謗中傷差別コメントが届いたことで事態は一転。5月9日、浜崎本人がその差別コメントをした人物に向けて怒りの刃を向けたのだ。

「当然ですが、浜崎さんは本当に怒っていたんでしょう。『私がストーリーにあげた仙台の子に対して名無し顔なしでメッセージしたそこのあなた、Are you f●cking kidding me?』と、海外なら放送禁止用語になる言葉を交えて批判したんです。女性が怒る感じで訳すなら『アンタ、マジふざけんてんの?』という感じでしょうか。アカデミー賞ならビンタ級かもしれませんね」(女性誌ライター)

 怒りが収まらない浜崎は、続けて「じゃああなたの指す『綺麗』なものって何? 私がひとつだけ分かるのは、それがあなたの心にはないってこと。こんな言葉許されないよ」と差別人物に対して言い放ち、驚くであろうファンには「楽しい時間をわたしが壊してたらごめんね!」「みんなも自分のことは我慢できても、自分が大切にしたいものを傷つけられたら許せないんじゃないかな」と謝罪コメントを投稿した。

 これに対し、ファンは全面支持だったようで、ネット上には「あゆってファンを大事にしているイメージだしこれは正論」「本人に届いたわけじゃないのにファンへの差別にここまで言ってくれるアーティストはいないと思う」などと、数々の感動コメントであふれた。

 SNSでは何かとネガティブなことも話題になる浜崎だが、一緒に仕事をした人たちから悪口が聞こえてこない人物として業界では有名。今回の“ストーリー”もそんな人柄が垣間見られた話なのかもしれない

(塚田ちひろ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング