SMAP時代の中居正広が2年間もつき続けたウソとは

 アイドルには、パブリックイメージを壊さないための嘘が必要だ。SMAP時代、中居正広はグループが天下を獲るために、かつ自身のアイドル寿命を延ばすために、ある嘘をついていた。運転免許は持っていないと主張し続けたのだ。

 しかし、本当は20歳で取っていた。およそ2年間も「免許持ってないんですよ~」と言い続け、世間に抱かれていた無邪気なイメージをキープし続けた。警戒心が人一倍強い性格ゆえ、愛車がバレないための防衛策も兼ねていた。

「中居の初代愛車は、日産のシーマです。免許を取って、2年ほど経った22歳の時に購入しています。なぜそんなにかかったかというと、先にお父さんに新車を買ってあげたから。それが生まれて初めての親孝行で、もう収入に不安がなくなってから、色違いを自分に買うまでに2年ほどかかったというわけです」(アイドル誌ライター)

 シーマは33歳前後まで乗り続けた。買い替えの時期になって、ようやく購入した2台目もまた新型シーマ。1台目は地元の神奈川県藤沢市時代の高校1年生のクラスメイトが引き取った。その親友と仲良くなったきっかけは、ケンカだった。ガンの飛ばし合いに始まり、殴りあって、親友になった。気づけば、毎日一緒に通学するほどの大親友になっており、今では中居が帰省した際に集まる「じもっちー」(地元の友だち)の1人だ。

 ところが、その大親友はシャコタン仕様に改造されたシーマを、中居に内緒で売却した。わずか11万円にしかならなかった。

「中居がその事実を知った時は、学生時代と同じくケンカになったそう(笑)。『あんなの売ったよ。32、3(歳)にもなってあんな恥ずかしいの、乗れるわけねぇだろ』という大親友に、『ひとこと言え、この野郎』とキレた中居。その後に聞かされたあまりの安価に、返す言葉を失ったそうです」(前出・アイドル誌ライター)

 シーマは、80年代後半は最高級モデルだった。何度かモデルチェンジを繰り返し、2010年に一度販売が終了。12年に復活したが、今年8月いっぱいで5代にわたって続いたシーマと、兄弟車であるフーガなどすべて生産が終了した。

 中居は30代の頃、「国産車にしか乗らない」と断言していた。しかし、大スターとなって安定してからは、高級外車のメルセデスベンツに鞍替えして、複数台所有。50歳の今も外車のままだ。シーマと2年間ついていた嘘は、さすがに風化したか。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング