今年の紅白歌合戦、多すぎ韓国勢に「ふた昔前」歌手…と大不評でもNHKの“勝算”とは

 先頃発表された「第73回NHK紅白歌合戦」(12月31日)の出場者がやり玉にあがっている。

 今年の紅白は「LOVE & PEACE‐みんなでシェア!‐」をテーマに、初出場10組を含む43組が出場する。出場歌手の異例すぎる顔ぶれに、違和感を訴える声が相次いでいるのだ。

 目立つのは、日本の大晦日を彩る看板番組。国民的歌番組なのに、日本人以外が多すぎるという指摘だ。今年はLE SSERAFIMを筆頭にIVE、JO1、NiziUにTWICEと新旧取り混ぜて5組が出場。露骨な韓国寄りに受信料不払いの声もチラホラ。ジャニーズが多いという指摘もある。昨年より減ったとはいえ、初出場のなにわ男子を含めてSixTONES、Snow Manら6組。韓国系もジャニーズもまだ「売れている」という理由が成立するが、どうにも説明がつかないのが、ふた昔前のアイドル。28年ぶりの篠原涼子、24年ぶり出場の工藤静香だ。

 篠原は今年9月配信の『恋しさとせつなさと心強さと2023』をひっさげての出演。工藤はソロデビュー35周年の記念出演だという。工藤は愛娘でフルート奏者のCocomiと「SONGS」(NHK)で出演しており、紅白でのサプライズ共演を期待する声もある。

 確かに紅白出場歌手選考基準となる「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」といった観点から考えると、疑問の声があがっても仕方がない。

「“皆さまのNHK”としては、受信料を支払ってくれる高齢者を足蹴にはできません。そのため演歌枠を6人にし、無期限休養する氷川きよしに特別ステージの花道まで用意しました。10代視聴者獲得策としては、超ヒット中の映画『ONE PIECE FILM RED』とコラボし、アニメキャラのウタに歌わせる。老若男女に目配りしたNHK流の全方位外交なんですよ。たとえまとまりのないごった煮、忖度見え見えの寄せ集めプログラムと言われようと、結果さえ出せれば勝ちという腹積もりなんでしょう」(テレビ誌記者)

 昨年の紅白世帯視聴率は歴代最低記録の34.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。果たして今年は?

(塩勢知央)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング