菊地凛子、「鎌倉殿の13人」で演じる「のえ」に“夫を毒殺”フラグが立ったワケ

 残すところあと3回となったNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。11月27日放送の第45話「八幡宮の階段」では、二代鎌倉殿の源頼家(金子大地)が陰謀により殺害されたことを知った次男の公暁(寛一郎)が、叔父にあたる三代鎌倉殿の源実朝(柿澤勇人)を殺害。公暁は北条義時(小栗旬)も殺害する予定だったが、直前に太刀持ちの役目を代わった源仲章(生田斗真)が人違いにより最期を迎えた。

 この日の放送内容が凄惨なことになるのは、史実として知られていることだったが、多くの視聴者はこれから起こるだろう末路を予測したようだ。それは仲章が殺害されたことをのえ(菊地凛子)に伝えた時のこと。のえと仲章が距離を縮めていたことを知っていた義時は、仲章が殺害されたことを「お前も救われたな」とぼそり。意味がわからず「は、はい?」と怪訝な顔をするのえに「いずれお前は言わなくてよいことをしゃべっていただろう。私はお前を斬っていたかもしれない」と言い放つ。焦りと戸惑いを隠せなくなったのえは「わからない‥‥妬いておられるのですか?」と取り繕うも、義時は「八重(新垣結衣)も比奈(堀田真由)も、もう少しできた女子(おなご)だった」と呟いたのだ。さすがにのえは「言っていいことと悪いことがございます。今のはどちらでしょうか? どちらでしょうか?」と詰め寄ったが、義時は完全無視でその場を立ち去ったのだ。

「ネット上では『義時がのえに毒殺されるフラグ立った』とする声が続出しています。史実によれば義時は急死したとされますが、一方でのえによる毒殺説もあります。義時の『八重も比奈も、もう少しできた女子だった』という言葉は、妻であるのえが殺意を抱いてもおかしくないパワーワードでしたからね。ネット上でも『元妻の名前を出して現妻を批判するのはNG』『のえが殺意を抱いてもおかしくないセリフ』『乙女心を傷つけられたのえは何をしでかすかわからない』といった声が相次いでいます」(女性誌記者)

 残りの放送回で、のえに義時毒殺という渾身の見せ場が訪れるのだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング