菊地凛子、「鎌倉殿の13人」で演じる「のえ」に“夫を毒殺”フラグが立ったワケ

 残すところあと3回となったNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。11月27日放送の第45話「八幡宮の階段」では、二代鎌倉殿の源頼家(金子大地)が陰謀により殺害されたことを知った次男の公暁(寛一郎)が、叔父にあたる三代鎌倉殿の源実朝(柿澤勇人)を殺害。公暁は北条義時(小栗旬)も殺害する予定だったが、直前に太刀持ちの役目を代わった源仲章(生田斗真)が人違いにより最期を迎えた。

 この日の放送内容が凄惨なことになるのは、史実として知られていることだったが、多くの視聴者はこれから起こるだろう末路を予測したようだ。それは仲章が殺害されたことをのえ(菊地凛子)に伝えた時のこと。のえと仲章が距離を縮めていたことを知っていた義時は、仲章が殺害されたことを「お前も救われたな」とぼそり。意味がわからず「は、はい?」と怪訝な顔をするのえに「いずれお前は言わなくてよいことをしゃべっていただろう。私はお前を斬っていたかもしれない」と言い放つ。焦りと戸惑いを隠せなくなったのえは「わからない‥‥妬いておられるのですか?」と取り繕うも、義時は「八重(新垣結衣)も比奈(堀田真由)も、もう少しできた女子(おなご)だった」と呟いたのだ。さすがにのえは「言っていいことと悪いことがございます。今のはどちらでしょうか? どちらでしょうか?」と詰め寄ったが、義時は完全無視でその場を立ち去ったのだ。

「ネット上では『義時がのえに毒殺されるフラグ立った』とする声が続出しています。史実によれば義時は急死したとされますが、一方でのえによる毒殺説もあります。義時の『八重も比奈も、もう少しできた女子だった』という言葉は、妻であるのえが殺意を抱いてもおかしくないパワーワードでしたからね。ネット上でも『元妻の名前を出して現妻を批判するのはNG』『のえが殺意を抱いてもおかしくないセリフ』『乙女心を傷つけられたのえは何をしでかすかわからない』といった声が相次いでいます」(女性誌記者)

 残りの放送回で、のえに義時毒殺という渾身の見せ場が訪れるのだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング