松嶋尚美、笑福亭笑瓶さんの告別式でお焼香のやり方を知らなかった俳優を暴露

 2月22日、大動脈解離のため66歳で亡くなった笑福亭笑瓶さんの告別式の席で、どうやら小さなドラマがあったようだ。

 3月16日深夜放送の「きらきらアフロ」(テレビ東京系)は、2月27日が収録日で、この日はまさに笑瓶さんの告別式があった日。告別式で弔辞を読んだ笑福亭鶴瓶は番組冒頭「そんな人(弔辞を読んだばかりの鶴瓶自身)が、明るい声でしゃべっているのも不思議な話やで」と苦笑していたが、その後、鶴瓶の弔辞を思い出した共演者の松嶋尚美が涙をこぼすひと幕も。

 また、笑瓶さんの死に装束がラッパーのようなヒップホップ系の衣装だったことなど、告別式をさまざまな角度から明るく話す2人が芸人らしく笑いを誘ったため、放送中からツイッター上には視聴者からの「鶴瓶さんも松嶋さんも、やっぱり凄い人やな」「2人が明るく話せば話すほど泣ける。笑瓶さんのご冥福を心よりお祈りします」「悲しいはずの話をおもしろくする、さすがや」といった称賛の声が続出。松嶋に至っては、焼香の仕方を鶴瓶の息子である駿河太郎から「これ、どうやってやんの?」と質問されたと明かし、鶴瓶から、「ウチの息子、もう40なんぼや。お前に焼香の仕方聞いたなんてカットせえ!」とたしなめられることに。

 さらに松嶋は、自身の順番になって焼香台の前に立つと、抹香が遠い位置にあったため手を伸ばそうとすると、「横から背の高いかっこいい人が来て『それじゃない。向こうのやつに火、つけて横向きに置くねん』て。ささやき声で」と助っ人に救われたことを告白。松嶋が「紳士だった」と感動したその人は、何と東野幸治だったそうだ。

「現在44歳の駿河が焼香の仕方を知らなかったことより、“白い悪魔”“日本一心のない司会者”などと呼ばれている東野が、紳士的でカッコよかったと松嶋に表現されたことに驚きです」(女性誌記者)

 いざという時にその人の本質が表れるというが、東野の本質は実に常識的で思いやり深いのかも?

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング