アントニオ猪木と対戦したことも!滝沢秀明の「プロレス愛」が熱すぎる

20170313_asajo_takky

 プロレス好きの女子のことを、“プ女子”と呼び、今注目を集める存在だ。だが、そんな造語ができる前から大のプロレスファンだったのが、タッキー&翼の滝沢秀明だ。

 子どもの頃は、大仁田厚率いるFMWの追っかけをしており、かつて「中居正広の怪しい噂の集まる図書館」(テレビ朝日系)で、“音を聞くだけで電流爆破デスマッチを当てる”という超難問を見事クリアしたこともあるマニアックさだ。

「彼は、そのFMWに所属していたマスクマンのハヤブサ(故人)に憧れており、みずから“ハイキックソルジャー”というリングネームを名乗ったこともありました。将来は、プロレス団体を創りたいと本気で思ったこともあり、マスク、タイツ、リングシューズまで描いていたそうです」(アイドル誌編集者)

 そんな滝沢にとって、一世一代の晴れ舞台となったのが2000年3月11日、横浜アリーナで開催された「第2回メモリアル力道山」というプロレスのビッグイベントだ。多くのプロレス団体が集結したビッグイベントで、アントニオ猪木vs滝沢という夢カードが実現した。会場で観戦していた、先の雑誌編集者は続ける。

「猪木はすでに現役を引退していたのですが、タッキーのためにこの日復帰。57歳の猪木が17歳のタッキーに胸を貸す形で、シングルで激突したんです。レフェリーはあの藤原組長。会場に黄色い声援が飛び交うなかアリキック連打、エルボードロップからフォール、組長の高速カウントのアシストもあり、タッキーが勝ちました」

 コンサートでは獣神サンダー・ライガーのマスクをかぶったり、大仁田のリングコスチュームである「邪道」皮ジャンを着用したことも。それだけに、ハヤブサが2016年3月3日、クモ膜下出血により死去した際は、かなり落ち込んだという。

 その悲しみを乗り越え“プ男子・滝沢”が、再びリングに降臨する日はやって来るだろうか。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング