女子フィギュア「平昌五輪」出場枠減でもメダルの可能性に影響しない理由

20170406_asajo_jyoshifigure

 平昌五輪の予選でもあった「フィギュアスケート世界選手権2017」で、三原舞依選手の5位入賞という活躍があったものの、日本女子の五輪出場枠が従来の3枠から2枠に減ることが決まった。しかし、残念がることはないという。

「もちろん、1枠でも多く選手を五輪に送り出すことは重要です。しかし、2枠でも3枠でも、日本のような強豪国では、まず国内で熾烈な闘いを勝ち抜かないと五輪の代表権は得られません。つまり、本当に強い選手が出場することに変わりはないわけです」(スポーツライター)

 最近の五輪を紐解けば、トリノ五輪では荒川静香選手、村主章枝選手、安藤美姫選手。バンクーバー五輪では浅田真央選手、安藤選手、鈴木明子選手、ソチ五輪では浅田選手、鈴木選手、村上佳菜子選手が出場。バンクーバーの浅田選手は別格として、トリノの安藤選手、ソチの村上選手など、実績はもちろんだが将来を期待された若手選手が抜擢されてきた。

「3枠あれば若手に経験を積ませる機会が増えるというメリットがあります。しかし、表彰台に乗れそうな選手は、おのずと1人か2人に絞られてくるもので、表彰台の独占を狙えるほど選手がそろっているのでなければ、2枠でも3枠でもメダルの可能性に大きな影響はないと言えます。また、今のジュニア選手たちは国際試合のチャンスが多く、海外での練習で多彩な経験を積む選手も多いですから、五輪の3枠目がなくても心配には及びません」(スポーツライター)

 そうはいっても、1人でも多くの選手を五輪に送ってあげたいというのがファン心理というもの。2枠に選ばれる選手には“幻の3枠目”の選手のぶんも頑張っていただきたい。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング