もっと早ければ…浅田真央ファンが悔しがる「フィギュアスケート大改革案」

20170505_asajo_asada

 浅田真央の引退発表から、世界中からねぎらいと惜しむ声が引きもきらない。ここにきて、その声をさらに大にしているのが、フィギュアスケートのルール改正だ。

「ISU(国際スケート連盟)では、平昌五輪後に部分的なルール改正を行います。18‐19シーズンから演技時間やジャンプの数、出来栄えに加点するGOEなどについて導入される予定ですが、実は22年の北京五輪後を見据えて、新しい競技方式についても検討しているというのです」(スポーツライター)

 現在はSPとFSの2つのプログラムで、テクニカルな要素を現す技術点と、芸術性などの表現力をはかる演技構成点の2つの要素を総合して評価する仕組みになっているが、これをドラスティックに変える案が浮上しているのだ。

「検討中の新方式では、評価をより明確にするため、プログラムを技術要素の評価に重点を置く『テクニカル』と、より自由な演技で技術点に上限を設けて表現力の得点比重を高める『アーティスティック』(ともに仮称)の2つのプログラムに分けるというのです。技術力の高い若い世代に点数で圧倒され、年を重ねるほど磨かれる高い表現力が評価できない現在の方式を改めるということのようです。さらに新方式では、テクニカル、アーティスティックのどちらかのみ出場することも可能にするのだとか。現状ではジャンプが上手でない選手はどうしてもトップに食い込めないことが多かったのですが、これからは表現力を武器としても戦えるということです」(前出・スポーツライター)

 浅田が現役のタイミングにこの方式が導入されていれば、違う目標を持って次の五輪に挑んでいたかもしれない。新方式についてはまだ協議中だが、これからの選手寿命が長くなることを考えても、ぜひともよい方向で決まってほしい。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング