「ビビット」が超低空飛行、国分太一ファンは「鉄腕DASHを優先して!」

20170501_asajo_kokubun

 TOKIOの国分太一と女優の真矢ミキが司会を務める情報番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)の低迷が続いている。当初は5%台を目標としていたが、2015年の番組スタート時が3%。現在は2%台で、同時間帯の民放最下位を記録することもある。

「恵俊彰が司会の『ひるおび!』は、2012年から5年連続で同時間帯トップをキープしています。つまり、番組の企画や構成に加えて、それを回す国分と真矢にも魅力がないってことですよ。1月31日の放送では、ホームレス男性にわざとレポーターを怒鳴ってもらうという“ヤラセ問題”を起こして、放送倫理・番組向上機構(BPO)の審議入りが決定。踏んだり蹴ったりで、通常なら大きなテコ入れか、打ち切りも検討される数字です」(テレビ誌ライター)

「ビビット」の前身は国分が司会を務めた「いっぷく!」なのだが、これも視聴率が低調だった。それなのになぜ、TBSは国分を使い続けるのか? 芸能ジャーナリストに聞いた。

「NHK『あさイチ』で成功したV6の井ノ原快彦を見習ったんです。07年に女優の瀬戸朝香と結婚した井ノ原は人気急落を危惧されましたが、『あさイチ』での司会ぶりが好評で、新たな年齢層のファン獲得につながりました。国分も15年に元TBS社員の女性と結婚。その前年の14年から『いっぷく!』が始まったのですが、第二の井ノ原にはなれていない。また、朝のオビ番組を務めていることでTOKIOの冠番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)への出演が極端に減ったことも反感を買っています」

 もちろん低視聴率は司会者だけのせいではないが、少なくともファンは、人気番組のロケよりも爆死寸前のオビ番組を優先する不条理に納得いかないようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング