結婚に最も近道!?婚活成功者が「マッチングアプリ」を使う理由!

20170530_asajo_matching

 最近、20~30代の男女の間で、恋活や婚活に使われているのが、マッチングアプリ。ある女性誌の調査では、婚活で成功した人のうち、最も多かったのが「アプリでの出会い」だったほど、一般的になってきているようです。

 アラサー向け女性誌の編集者に話を聞くと、

「今はアラサー女性の4~5人に1人は使っていると思います。それで彼氏ができたという人も多い。数年前は、出会い系サイトに登録しているというと『怖くないの?』という反応の人が多かったですが、今はスマホアプリ化が進み、もっとカジュアルに使われています」

 とのこと。そこで、マッチングアプリを使って彼氏をつかまえた、という女性たちに、その使い方のコツを聞いてみました。

■アプリは2~3個を同時進行

「アプリは3つを使いわけています。アプリで出会った人と付き合うことになったら、そのアプリは退会しますが、あと2つ残しておけば、さらにいい相手を探し続けることもできますよね。早く結婚したいので、今の相手がだめならすぐに次の相手をと思って」(28歳・美容師)

■気軽なものから、本気アプリまで

「GPS機能がついていて、近くにいる同じアプリユーザーが表示されるアプリがあるんです。男女関係なく出会える設定だし、友達づくりにも使っている人がいるという気軽なアプリ。近所の飲み友達を探すくらいの気持ちで使って、本気の婚活向けでは、相手の条件をしっかり検索。どちらかにアタリがいたらと思ったんですが、気軽なほうで飲み友達から始まった人が、今の彼氏です」(31歳・IT関係)

■やりとりする相手はなるべく多く

「出会いアプリは基本的に、お互いに『いいね』のようなボタンを押したら連絡が取り合えるようになると思うんです。でも、マッチングした時に、男性のほうが弱気でメッセージをなかなか送れないという人もいる。本当は男性から送ってほしいですが、自分からどんどんコンタクトをとって、50人くらいの相手を持っておくのがいいと思います。やり取りしながら、気の合いそうな人を4~5人くらいに絞っていき、その中から実際に会うようにすれば、意気投合しやすいです。気の合わなかった人はフェイドアウトですね」(27歳・メーカー)

■会うならランチかティータイムから

「初めて会うならランチタイムかティータイムで、2時間くらいに設定しておくのが安心です。フィーリングが合わなかったら次の予定があると行って別れやすいですし、お店をハシゴされることもない。逆に、気に入ったら、そのまま映画に行ったりディナーまで散歩したりと、残りの時間が多くとれるということもあります」(26歳・ライター)

 職場など身近に出会いがないという人は、賢く使ってみるのもいいかもしれませんね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング