「テレ朝がいちばん高い」羽田圭介氏が明かした出演料の“局別格差”

20170530_asajo_hada

 このところ、タレント活動が目覚ましい芥川賞作家の羽田圭介氏。今年3月からは、ほっこり系人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に、俳優の田中要次とタッグを組みレギュラー出演している。

 そんな羽田氏が、5月26日に放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に出演し、メディアに出演する際の苦悩を語った。

 羽田氏は、事務所に所属せず、出演交渉から出演料の交渉もすべて自身で行っている。そのせいか業界では“ギャラにうるさい”作家として名が通ってしまった。この件に関しては「テレビに出ても本は売れないことがわかった。断ることも難しいので、何十万円って吹っ掛けたら通っちゃった。それで(出演料の)相場がわかった」と笑った。

 また、テレ東の「バス旅」は、3泊4日の収録予定でも、東京から遠い地では前日から現地入りすることもあるが「後泊もあって5泊6日になってもギャラは同じ」と苦笑し、この金額が「テレビ朝日の2時間番組と同じ」「(ギャラが)1番いいのはテレ朝」と、業界タブーのギャラ相場まで暴露した。

 最も稼いでいる仕事は講演会で「90分しゃべってサイン会やって、60万円から80万円」、過去3カ月それぞれの月収は「300、200、200」と明かした。

 文芸評論家は「作家としては、大変恵まれた境遇」という。

「たとえ賞を取ったとしても、その一作で消えていく作家も少なくありません。羽田氏のように、作家以外で稼ぐことができれば、自身の作品に余裕をもって向き合えますからね」

 受賞作「スクラップ・アンド・ビルド」だけでなく、今後の作品にも期待ができそうだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング