小倉優子vs千秋のバトルに幕「幼稚園送迎時のメイク率」が判明

20170617_asajo_ogura

5月に放送された「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、ママタレ同士のバトルが展開されました。小倉優子さんが子どもの幼稚園の送迎時に化粧することを明かすと、千秋さんは「毎日送り迎えにバッチリお化粧してる人は私と価値観が違う」と切り捨てていました。

小倉さんが、朝食や子どもの弁当作りなどをおろそかにしているわけではなく、その分早く起きてメイクをしていると言っても、「遊ぶときに話合わないかなと思っちゃう」と千秋さんはバッサリ。

 では実際、子どもの送迎時にメイクをしている割合はどれくらいなのでしょうか。

株式会社インタースペースが運営するママ向け情報サイト「ママスタジアム」が2016年に行った調査「ママのビューティー事情」によると、次のような結果が判明しました。

●幼稚園の送り迎え時のメイク率(しているメイクをすべて選択)

ノーメイク 12.3%

日焼け止め 47.6%

ベースメイク 59.5%

アイブロウ 48.3%

アイメイク 41.5%

チーク 37.1%

リップメイク 31.2%

これを見ると、ノーメイクという人はわずか1割。ベースメイクだけでなく、アイブロウやアイメイクなどを半数近くの人がしており、送迎時にメイクをすることは特別なことではなさそうです。

 ですがネット上では、「幼稚園にメイクをしてくる意味がわからない」「母親としてもっと他にやるべきことがある」「誰に見られたくてやっているのか」と、批判的な声が上がっているのも事実です。育児雑誌のライターはこの送迎時メイク問題について、こう話します。

「女性は母親になったら育児に専念して、美容やファッションなどは後回しにすべし、という昭和の男性的な考え方が依然として残っているのは事実です。育児を頑張っていても、育児とは関係ないところで評価を落としてしまうことがある。実際にはメイクをしていることで育児がおろそかになる女性は少なく、むしろ、社会人なら最低限のメイクをするのはマナーのうち。社会の中で生きているという感覚を持てているとも言えます」

それだけではなく、

「『自分は忙しくてメイクをする時間もないのに、あなたは悠々自適でいいわね!』という恨めしさから、メイクやオシャレな格好で送迎する他の母親を悪く言う人もいます。育児を評価してくれる人が少なく、自分はこんなに苦労しているのに、と苦しい思いが根底にあるのでしょう」

みなさんはどう思われますか?

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング