ボールペンが出ない!靴下に穴!オジサン上司に学ぶ「とっさの困った」解消法

「オヤジギャグ」や「飲みニケーション」など、人生を円滑に生きるテクニックに長けているオジサン上司たち。ちょっとした「困った」をさり気なく乗り越える姿に、感動すら覚えたというエピソードをご紹介します。

■出にくくなったボールペンを復活させる

 インクが減ってきて、字がかすれてきたボールペンに「チッ」と舌打ちした後、缶コーヒーを買ってきてしばらく缶にペン先を当て、また平然と書類を書き始めた上司。ペン先を温めて復活させたようです。その手際の良さに驚いたし、最後までインクを使い切ろうという心意気にも感動した(31歳・商社)

■靴下に空いた穴を瞬時に塞ぐ

 仕事終わりに慰労会があった日、居酒屋のお座敷に上がった際に靴下のつま先に穴が空いていた上司。瞬間的に見なかったフリをしましたが、お店の人に黒のマジックを借りて穴から見えていた部分を黒く塗ってました。「タイツが破れたときに使える!」と感心してしまいました(28歳・製造)

■ボンドの保存

 営業用のポップの補修でボンドを使ったとき、すぐさま空き瓶に開封済みボンドを入れた上司。こうして、空気に触れないようにすると、ボンドのキャップが固まらず、次に使うときにラクだからだとか(29歳・営業)

■ドライヤーで肩こり解消

 同僚と肩こりの話をしていたら、「指圧だけじゃなく、ツボを温めるのもいいぞ」と、ドライヤーで肩こりの患部を温めるという方法を教えてくれた上司。実際、試してみたら結構よくて、髪を乾かす時に肩も温めるのが日課になっています(33歳・IT)

 長い人生経験で得たムダと浪費のない生き方。私たちも学ぶべきものがあるのかも知れませんね。

(西郡真美子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング