2017/11/18 10:14

「大丈夫」は「大丈夫じゃない」!?女子の“遠まわし言葉”にクレーム!

「なんでもいい」は「なんでもいいという意味じゃない」。「どっちがいい?」は「どっちか迷ってるわけじゃない」…。若い頃なら「気付いてよ!」「察してよ!」と強気でいられたのですが、それも通用しなくなってきたというアラフォー女性はいませんか?

 世の男性たち(20~39歳/100人)に聞くと、実に63人が、こんな「オバサン女子」にうんざりしていると回答。これは、真摯な気持ちで耳を傾けてみる必要がありそうですよ。

「30過ぎて『女子』と言う風潮がイラっとする。テレビや女性誌では当たり前になっているから、つい言っちゃったのかも知れないが、やはり違和感がある」(35歳・通信)

 自分でもわかっているつもり…でも、時々、出ちゃう「女子」というワード。男性の前では封印したほうがいいのかも。

「何人かで食事にいったりするときに『なんでもいい』という人に限って、どこに行っても不満げ。さらに、別の店の『アレは美味しかった』話を始めたりして未練がましい」(37歳/不動産)

 女性が言う「なんでもいい」は、和洋中などのジャンルの話ではなくて、「雰囲気のいいお店だったら、なんでもいい」なんですけどね。

「仕事で取引先の愚痴を聞いていたら、聞けば聞くほど『それはアナタが悪いんじゃ…』という内容。それを指摘しても、一向に自分を改める様子がない」(31歳/映画配給)

「『手伝おうか?』と聞いても『大丈夫です』と言っていた女性社員が、人事部に『自分は不当に仕事量が多い。誰も手伝ってくれない』と直訴していた」(39歳/広告)

 女性が求めているのは「解決」じゃなく「共感」なんですが…男性に理解を求めるのは難しそう。

 恋愛面でも、こんなクレームが。

「ファッション誌を見ていて『この子可愛い』などと言っていたので、『俺はこの子が可愛いと思う』と、別の読者モデルをチョイスしたら、途端に不機嫌に」(29歳/保険)

「女性は、交際前は『優しいだけじゃつまらない』と言っても、付き合った途端に『優しいことだけ』を要求する気がする」(33歳/製薬)

 なかなか手厳しいご意見ですが、「女性ってこういうものなので」とも言いたい。同じことをしても、なぜか「許される」人もいますし、絶対NGというわけではないですが、つまらないことで人間関係を壊すのも損! 歳を重ねても「TPOわきまえ女子」になりたいものです。

(西郡真美子)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング