その方法があったか!月末の「食費節約術」

20151220syokuhi

 消費税が8%になって以降、牛丼店やファーストフード、野菜やカップ麺の値上げのニュースが続き庶民が苦しむなか、2017年4月には10%に上げる予定で協議を続けています。

 食費の節約は誰もが直面する課題ですが、特に働く女性にとってはランチ代をいかに効率良く回すかは、かなり切実な問題ではないでしょうか。

 一般的に食費の節約術といえば「自炊する」「セール品を狙う」「間食を辞める」などの方法が定番ですが、どれも時間がない、誘惑に負けるなどの失敗に終わった経験がある人も多いでしょう。でも、なかにはチョット変わった食費節約術を実践している人もいるようです。そのアイディアをいくつか紹介していきましょう。

■節約その1.バナナを活用する

バナナは栄養価が高く値段も安いため、困ったときはとても助かる食材です。お腹が空いたらまずバナナを食べる習慣をつけると、おのずと食費の節約につながるそうです。

■節約その2.外食費は交遊費として計算する

自炊が続かなくて失敗した人は、外食したいのにガマンしているからかもしれません。そんな人は、外食費は友人と遊ぶ交遊費として割り当ててみましょう。普段は食費を切り詰めて、遊ぶときは思いっきり外食を食べるようにすれば、上手にストレス発散しながら節約ができますよ。

■節約その3.スーパーでは毎回同じものを買う

お店でアレコレ買いすぎてしまいがちな人は、毎回同じ食材を買うようにしてみましょう。例えば、卵、牛乳、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、豚肉など。目移りせずに済みますよ。

 年末年始はなにかと出費が多いですよね。上手にやりくりして月末をなんとか切り抜けましょう!

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング