新米の季節!正しいお米の保存法と新米の炊き方

 8月上旬くらいからの九州を皮切りに、以降は四国、関東、北陸、東北と、10月頃までには、次々と新米がスーパーに並びます。そこで、新米を美味しくいただくために、お米の保存方法や炊き方をご紹介しましょう。

 まず最初に、お米は生鮮食品! 精米されてから、夏は2週間前後、冬は3週間前後で食べ切るのがよいといわれています。ですから、買うときには必ず精米日をチェックしましょう。また、お米の粒がそろっていて、欠けていないものが、品質のいいお米です。

 保存は、10~15℃くらいの涼しさで、湿度が低くて日の当たらない場所に。空気に触れないよう、ジップロックなどで密封し、野菜室に保存するとよいでしょう。

 新米の場合は、少しだけ水を控えめに炊くのがコツ。どんどん水分を吸収するので、ベチャッとしたご飯が苦手な人は、炊飯器の急速モードで炊くと、ふっくらパラっと炊けます。残ったご飯は、温かいうちに密封して、冷凍庫で急速冷凍を。レンジで解凍すれば、再び炊きたての味わいになりますよ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング