堀北真希の「ヒガンバナ」、DAIGOの結婚特需終了で視聴率1桁まっしぐら!?

20160201horikita

 堀北真希が結婚後の初主演ドラマとなる「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」(日本テレビ系)が、第3話を終えて平均視聴率11.0%という結果になっている。裏番組となるTOKIO・長瀬智也主演の「フラジャイル」(フジテレビ系)との直接対決は、現時点で堀北の3連勝。人気女優の面目を保っている形だが、この数字は決して大成功とは呼べない、と指摘するのはテレビ誌のライターだ。

「この水10枠は日テレにとって、人気ドラマが続く看板枠なんです。なにしろ昨年放送された4本のドラマを見ると、柴咲コウの『○○妻』は平均視聴率14.3%、堺雅人の『Dr.倫太郎』は12.7%、杏の『花咲舞が黙ってない(第2シリーズ)』は14.5%、そして天海祐希の『偽装の夫婦』が12.2%と、いずれも高視聴率を記録していますからね」

 これらの4作品はいずれも、放送中に一回も視聴率が2桁割れせず、安定した人気を誇ってきた。一方で「ヒガンバナ」は第2話で10.6%に落ち込み、あわや1桁台陥落の危機に。しかも「ヒガンバナ」には視聴率のかさ上げ効果があったというのである。テレビ誌のライターが続ける。

「なにしろ堀北とDAIGOの二人が結婚で世間の話題をさらっていますからね。堀北の演技に変化があったかどうかが気になる人もいれば、幸せいっぱいのDAIGOがどんな演技をするかを見たい人もいて、視聴率的には“結婚バブル”と言えるはず。しかし3回目を終え、そろそろバブル効果も落ち着いてきますから、ここからがドラマとして本当の勝負かもしれません」

 もし今後、視聴率がヒト桁台に落ちるようであれば、夫・山本耕史への風当たりが強まる可能性もある。夫婦仲を維持するためにも堀北には踏ん張ってほしいものだ。

(金田麻有)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング