2019/01/31 10:45

Hey!Say!JUMPは法律違反?特許庁の基準改定にファンがやきもき!

 特許庁が1月30日に商標審査基準の一部を改訂し、「平成」や「昭和」といった元号が商標として登録できないことになった。このお堅いニュースになぜか、ジャニーズのファンがやきもきしているという。週刊誌記者が指摘する。

「ジャニーズで元号と言えば、なんといっても『Hey!Say!JUMP』です。グループ名の由来が『メンバー全員が平成生まれで、平成の時代を高くジャンプしていく』であり、時には“平成JUMP”と誤記されることもあるなど、まさに平成という元号を反映した名称であることは明らか。それが今回の基準改定により、いわば違法状態になってしまうのではとファンが危ぶんでいるのです」

 そのHey!Say!JUMPは2007年9月24日に結成が発表され、同年の11月15日に商標を出願。問題なく登録されている。これらの商標が今後、違法とされてしまうようなことはあるのか。そんな疑問に対して前出の週刊誌記者は、2つの理由から問題はないと断言する。

「一つには日本には『法令不遡及の原則』があり、法令の効力が過去の出来事に及ぶことはないというのが大原則。そのため、すでに商標として成立しているHey!Say!JUMPが、今回の基準改定で無効になるようなことはありません。そしてもう一つは、商標に元号を利用している場合でも、表記を変えたり他の単語を付け加えることで独自性が認定できれば、登録できるという規定です。同グループでは平成を“Hey!Say!”という独自の表記に変えていますし、このグループ名を他の商品やサービスと混同することはありえないので、問題なく登録が受理されたのです」

 特許庁では「特定の者の業務に係る商品又は役務であると認識できるに至っている場合」は登録が可能だとしている。それに従うと「Hey!Say!JUMP」という名称は、ジャニーズ事務所所属の同グループを示す名称として明らかに区別できるので、問題はないというわけだ。

 逆に言えば「平成ボーイズ」のように、元号+ありふれた単語の組み合わせだったら、登録ができなかった可能性も高い。グループ名の発表時にはいろいろと批判も浴びていたHey!Say!JUMPだが、その名称は入念に考えられた末に決まっていたようだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 100375

    先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング