2019/03/04 18:14

あなたはもっと小顔だった!?慢性化した「顔のむくみ」を改善するコツ

 毎日疲れを溜め込み、改善しないまま日々を過ごしていく……。本当はもっと小顔なはずなのに、いつしかむくんだ状態が当たり前になっていませんか? せっかくなら、最大限ほっそり・スッキリしたフェイスラインで日々過ごしたいですよね。そこで、忘れかけた自身の“小顔を蘇らせる”過ごし方のコツをご紹介します。

 顔のむくみが慢性化している人は、脂っこい食事や味付けの濃いものばかりを食べていませんか? 実は、内臓が疲弊して老廃物を溜め込んでしまうと、全身がむくみやすくなります。あっさり、シンプルな味付けの食生活を心がけることで、余分なカロリー摂取を防ぐことができ、体液循環もスムーズになって、むくみを予防・改善する効果が期待できますよ。

 また、体内の塩分・水分量を調節するのに役立つ「カリウム」を、積極的に摂るのもよいです。カリウムは、バナナやアボカド、ほうれん草などに豊富です。

 そして、頭蓋骨・顔のむくみ度を知ることも大切です。そのためにも、マッサージなどの経験がない場合は、専門家の門を叩きましょう。小顔コースがあるマッサージサロンで施術を受けると、ゴリゴリ凝り固まっている部分がどこかがよく分かります。どんな手技でマッサージしているかに意識を向けて受けることで、自宅で自分でも実践できるようになりますよ。サロンの方に施術の所感を聞いてもいいですし、マッサージを受けてとくに痛かった部分を覚えておいてもいいですね。

 いい香りのマッサージオイルでほぐすのもよいでしょう。お風呂上がりや寝る前に、お気に入りの香りのアロマ入りマッサージオイルで顔周りの強張りをほぐし、老廃物を排出しやすい状態に整えます。香りによって効能はさまざまですが、お気に入りの香りが一番リラックス効果が高いです。

 あごから耳下にかけて、顔の輪郭に沿って指圧しながら手を動かします。頬の下部分は凝りやすく、痛気持ちよさを感じることが多いです。なので、その部分は心地よい圧力で、念入りにマッサージしてくださいね。

 本来の顔の大きさに戻すのは、日々のセルフケア。ぜひ、食事や入浴後のマッサージに挑戦してくださいね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 80350

    見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増しているそうです。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約4倍強なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」こと … 続きを読む 見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング