2019/04/26 18:14

眉や口紅はどう変化した?「平成」のメイクを振り返る

 いよいよ「平成」が幕を閉じようとしています。時代を振り返れば、女性のメイクの流行はどんどん変わっていきましたよね。そこで、平成の「眉」と「口紅」の歴史をみていきましょう。

 アイブロートリートメントサロンのアナスタシアが平成30年間の眉を振り返ったところ、1980年代は「バブル眉」、1990年代は「チョ→極細眉」、2000年代は「モテかわきれい眉」、2010年代前半は「愛され平行眉」、2010年代後半は「ナチュふわ眉」という流れがあったといいます。バブル眉やチョ→極細眉は懐かしいものの、今思えばびっくりするような眉でしたね。

 続いては口紅の変遷をチェック! 資生堂によると、平成元年~5年のボディコン、渋カジなどのファッションが流行した“バブルゴージャス期”には、真っ赤や青味のローズピンクなど、はっきりとした「ビビットな色味の口紅」がブームになったといいます。

 平成6~10年の“茶髪・細眉・小顔とギャル文化時代”には、色を抑えた「ベージュ、ブラウン系のリップ」などがブームに。フリルやレース使いの“ロマンティックファッション”や、手軽にトレンドを楽しめる“ファストファッション”の流行が拡大した平成16~20年には、リップは「ピンクベージュ」一辺倒。その後の “盛りメイク”ブームのときには、「グロスルージュ」や「リップにグロス」を重ねてツヤを与えるなど、唇も盛りメイクになりました。

 そして平成26年~現在は“抜け感バブルリバイバル時代”ということで、口元も赤リップをはじめとする鮮やかなローズ、ビビッドなピンクなど、「ブライトな口紅」がバブル期以来の流行となったといいます。

 こうしてみると、眉も口紅も「濃い⇒薄い⇒濃い」という大きな流れがみえてきましたね。新元号の「令和」になったら、果たしてどんな眉と唇が世に広がるのでしょうか?

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング