2019/04/26 18:14

眉や口紅はどう変化した?「平成」のメイクを振り返る

 いよいよ「平成」が幕を閉じようとしています。時代を振り返れば、女性のメイクの流行はどんどん変わっていきましたよね。そこで、平成の「眉」と「口紅」の歴史をみていきましょう。

 アイブロートリートメントサロンのアナスタシアが平成30年間の眉を振り返ったところ、1980年代は「バブル眉」、1990年代は「チョ→極細眉」、2000年代は「モテかわきれい眉」、2010年代前半は「愛され平行眉」、2010年代後半は「ナチュふわ眉」という流れがあったといいます。バブル眉やチョ→極細眉は懐かしいものの、今思えばびっくりするような眉でしたね。

 続いては口紅の変遷をチェック! 資生堂によると、平成元年~5年のボディコン、渋カジなどのファッションが流行した“バブルゴージャス期”には、真っ赤や青味のローズピンクなど、はっきりとした「ビビットな色味の口紅」がブームになったといいます。

 平成6~10年の“茶髪・細眉・小顔とギャル文化時代”には、色を抑えた「ベージュ、ブラウン系のリップ」などがブームに。フリルやレース使いの“ロマンティックファッション”や、手軽にトレンドを楽しめる“ファストファッション”の流行が拡大した平成16~20年には、リップは「ピンクベージュ」一辺倒。その後の “盛りメイク”ブームのときには、「グロスルージュ」や「リップにグロス」を重ねてツヤを与えるなど、唇も盛りメイクになりました。

 そして平成26年~現在は“抜け感バブルリバイバル時代”ということで、口元も赤リップをはじめとする鮮やかなローズ、ビビッドなピンクなど、「ブライトな口紅」がバブル期以来の流行となったといいます。

 こうしてみると、眉も口紅も「濃い⇒薄い⇒濃い」という大きな流れがみえてきましたね。新元号の「令和」になったら、果たしてどんな眉と唇が世に広がるのでしょうか?

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング