2019/05/09 18:14

糖質制限などの“がまん型”ダイエットが失敗するワケ

 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、自分に合っていて、かつ続けられるものではないと、なかなか結果は出ませんよね。ダイエットの成功を急ぐと、ついストイックでストレス過多なものを選びがちですが、逆に遠回りになってしまうこともあるようです。

 メディプラス研究所・オフラボが2018年4月、全国の20~69歳の男女14万人(男女各7万人)を対象に行った『ココロの体力測定』(インターネット調査)では、「現在ダイエットをしていますか?」という質問調査を実施。回答者を厚生労働省のストレスチェックの基準で算出した高ストレス女性(77点以上)と低ストレス女性(39点以下)とに分けた結果、高ストレス女性のうち「はい」(ダイエットをしている)と回答した人は約半数の42.7%、低ストレス女性の場合ははその半分以下の20.1%でした。

 また、同調査では高ストレス女性・低ストレス女性のそれぞれが行っているダイエット方法を質問・比較。共通して「サプリ」「こんにゃく」「バナナ」「寒天」といった置き換え型ダイエットが目立ちましたが、それ以外では、高ストレス者は「糖質制限」(低ストレス者の1.75倍)「炭水化物抜き」(同1.70倍)と、「○○はNG」という制限型ダイエットを行なっている傾向がみられたそうです。

 一方、低ストレス者の多くは、「ベジタブルファースト」などの「食べ順」(高ストレス者の1.71倍)ダイエット、「肩甲骨」ダイエット(同1.35倍)、「ヨガ」(同1.25倍)など、食事量ではなく、内容や方法を工夫するダイエットやフィットネスを多く回答。

 この結果、量を減らしたり内容を制限したりする“がまん型”ダイエットよりも、食事方法や運動に工夫を取り入れるダイエットの方がストレスが低く、ダイエットをしない人も多いことが分かりました。がまんではなく工夫を楽しみながら取り組むことが、ダイエット知らずの体質へと整える重要な要素なのではと分析されていました。

 ダイエットのストレスは、無駄な食欲やイライラによる暴飲・暴食などに繋がりやすいもの。せっかく頑張っても、食べ過ぎてしまって振り出しに戻るのであれば、楽しみながら続けて確実に結果を出したいですよね。ダイエット方法を選ぶ際は「無理がないか」「ストレスが溜まらないか」を優先して検討項目に入れたいものです。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング