松本人志が20年以上前から抱いていた志村けんさんへの「憧れと尊敬」

 ダウンタウンの松本人志が3月30日、自身のツイッターアカウントを更新し、新型コロナウイルスに感染し他界した志村けんさんへの感謝の言葉を残している。

 同日に発表された志村さんの訃報は日本中を悲しませ、彼をリスペクトし続けてきた松本もまたその一人だった。「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」とSNSに綴り、お笑い界の巨匠への感謝をツイート。126万を超えるいいねと、16万ものリツイートにより、短いながらもその想いが十分に詰まった松本の投稿は確実に天国の志村さんにも届いていることだろう。

「松本のツイートにはフォロワーからも『ダウンタウンさんと志村さん3人が揃う姿見たかった…』『これからもドリーム東西ネタ合戦は続けてください。志村さんを思い出させてくれる大切な番組の一つです』とのリプライが寄せられましたが、ひと際目を引いたのは松本が20年以上前に出版した著書『遺書』の一部を引用した一般ユーザーからの返信です。そこには、松本自身がその才能と生き様を心から尊敬する“男ットコ前(おっとこまえ)”な人物が複数人紹介され、その中の1人が志村けんさんでした。かねて松本は志村さんがお笑い一本で勝負し続けてきた“一途なお笑いへの愛”を称えており、ドラマや歌に手を出さないという当時の松本自身のポリシーと重ね合わせています。実際、志村さんはコントというジャンルに特化した活動を一貫し、デビューから50年近く経ってもレギュラーだったコント番組を継続することでその姿勢を絶対に崩しませんでした。そんな志村さんのお笑いへの愛情は若き日の松本にとっても大きな目標だったようです」(テレビ誌ライター)

 お馴染みのコントキャラクターであるバカ殿や変なおじさん、そして“アイーン”、“だいじょうぶだぁ”のギャグなど、様々な作品を世に放った志村さんだが、最大の功績は、多くの後輩にとっての道しるべとなったお笑いへの一途な想いだったのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング