2020/04/01 18:15

松本人志が20年以上前から抱いていた志村けんさんへの「憧れと尊敬」

 ダウンタウンの松本人志が3月30日、自身のツイッターアカウントを更新し、新型コロナウイルスに感染し他界した志村けんさんへの感謝の言葉を残している。

 同日に発表された志村さんの訃報は日本中を悲しませ、彼をリスペクトし続けてきた松本もまたその一人だった。「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」とSNSに綴り、お笑い界の巨匠への感謝をツイート。126万を超えるいいねと、16万ものリツイートにより、短いながらもその想いが十分に詰まった松本の投稿は確実に天国の志村さんにも届いていることだろう。

「松本のツイートにはフォロワーからも『ダウンタウンさんと志村さん3人が揃う姿見たかった…』『これからもドリーム東西ネタ合戦は続けてください。志村さんを思い出させてくれる大切な番組の一つです』とのリプライが寄せられましたが、ひと際目を引いたのは松本が20年以上前に出版した著書『遺書』の一部を引用した一般ユーザーからの返信です。そこには、松本自身がその才能と生き様を心から尊敬する“男ットコ前(おっとこまえ)”な人物が複数人紹介され、その中の1人が志村けんさんでした。かねて松本は志村さんがお笑い一本で勝負し続けてきた“一途なお笑いへの愛”を称えており、ドラマや歌に手を出さないという当時の松本自身のポリシーと重ね合わせています。実際、志村さんはコントというジャンルに特化した活動を一貫し、デビューから50年近く経ってもレギュラーだったコント番組を継続することでその姿勢を絶対に崩しませんでした。そんな志村さんのお笑いへの愛情は若き日の松本にとっても大きな目標だったようです」(テレビ誌ライター)

 お馴染みのコントキャラクターであるバカ殿や変なおじさん、そして“アイーン”、“だいじょうぶだぁ”のギャグなど、様々な作品を世に放った志村さんだが、最大の功績は、多くの後輩にとっての道しるべとなったお笑いへの一途な想いだったのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング