「逃げるって大事」というヒロシと光浦靖子にやっと時代がついてきた

 先の見えないコロナ禍で暗いニュースが多い中、ユーチューバーとして活躍しているヒロシとカナダ留学が取りやめになったままの光浦靖子の考え方が、じわじわと共感を得ているようだ。

「ヒロシです」で始まる自虐ネタで一世を風靡したヒロシ。近年はテレビから姿を消し、自身の趣味である「ソロキャンプ」の動画配信が大人気となっている。7月11日放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)では、「キャンプって言うよりは、どっかで焚き火したい」と言うマツコ・デラックスに、ヒロシは「同じマインド!」と拍手しながら大喜び。自身の現状を「自分で計算したわけじゃなくて、いろんなものから『もういいや、逃げちゃえ』って行った先にお花畑があった」と表現。マツコから「逃げるって大事」というコメントを引き出した。

 一方の光浦は、6月23日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、50歳を前に4月からカナダ留学にチャレンジしようとしていたものの、コロナ禍により直前で取りやめに。すでに自宅を契約解除していたために、急きょ妹家族が暮らす家に居候。顔を合わせて長い時間を共有する他人=家族の大切さと、「逃げること」と「チャレンジすること」が紙一重であることに気づいたことで、それまでより「楽しくなった」と明かしたのだ。

「現在、視聴者からの投票によって次回放送話を決めて再放送している人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ朝日系)では、主人公の碇シンジが『逃げちゃ駄目だ』と自身に言い聞かせるようにして、巨大な汎用人型決戦兵器“エヴァンゲリオン”に初めて乗り込むシーンがあり、当時の若者から多くの共感を呼びました。しかし、令和となった現在では、逃げることで『お花畑があった』と言うヒロシや、『楽しくなった』と言う光浦の考え方のほうが、より共感を呼んでいるようです」(女性誌記者)

 2016年10月期に放送された新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)が大ブームとなったのも、「逃げること」の大切さを多くの人々が感じ始めていたからなのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング