ココリコ遠藤が嘆いたコロナ感染による「風評被害」

 お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が10月9日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)に出演。自身が新型コロナウイルスに感染したことで、子供の通う幼稚園では“風評被害”があったと打ち明けた。

 遠藤は8月、極楽とんぼ・山本圭壱や品川庄司・庄司智春らと共に近接したスタイルでYouTubeチャンネルの撮影に臨んでしまい、結果的に3人ともコロナに感染するという事態に発展。ソーシャルディスタンスを軽視した撮影法についてはきちんと謝罪し猛省したが、その後も周囲には大変な影響があったという。

 遠藤によれば、とりわけ濃厚接触者に該当する家族へ大きな迷惑をかけたとのこと。遠藤の感染発覚後、家族もPCR検査を実施し、全員陰性でひと安心したものの、「風評被害というか、子供が小さかったから、幼稚園に親御さんから電話がかかってきて。『うちの息子は遠藤さんと同じところに行ってるが大丈夫なんでしょうか?』と言われると、肩身が狭くなった」と問い合わせの電話が幼稚園に殺到したと告白。続けて、「肌で感じました。自分より、周りに申し訳なかった」とも語っている。

「PCR検査の精度が必ずしも100%ではない上に、芸能人の間でも連続で陰性の結果が出たにも関わらず、3度目、4度目の検査で陽性であることが発覚したケースもありますから、詳細を知らされていない他の保護者が心配するのは当然の話。遠藤はそうした問い合わせの電話が寄せられたことを“風評被害”と表現していますが、彼がコロナに感染したことは事実であり、その家族と同じ幼稚園に子供を預ける保護者が問い合わせをすることは、“風評被害”とは言えないでしょう。ネットでも『そりゃ確認くらいする親はいるでしょ?』『それは風評被害とは言わない』『心配で問い合わせするのは普通』との反論が相次ぎ、こうした内容をテレビで話す事で、家族はさらに肩身の狭い想いをするのではないかと懸念する声もありました」(テレビ誌ライター)

 誰もが感染するリスクを孕んでいるコロナ。罹った人や家族を差別するのはもってのほかだが、同時に、周囲への影響も考慮した上で慎重な行動を取る必要がありそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング