2015/08/08 09:58

私たちも五寸釘ぶち込みたい!職場にはびこる「エイジハラスメント」の実態

20150808harassment

 現在放送中のドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日)。武井咲演じる新人OLが、その若さと美しさゆえに年上OLたちから激しい嫉妬を受けながらも、職場にはびこるさまざまなハラスメントに立ち向かうというストーリーで、なかでも「エイジハラスメント」とは、老いも若きもその“年齢”によって受ける差別のことである。

 実際、こうした「エイジハラスメント」は職場で起こっているのだろうか。その実態について、女性社員たちに話を聞いてみた。まずはオーバー30歳の女性たちのエピソードから紹介しよう。

「職場の仲間たちとバーベキューをしたとき、虫が飛んできたので『キャッ!』と声を上げたら、『またまた~、女のコぶらないでくださいよ』と20代の男性たちに笑われてムッとしました。若い女性社員たちが怖がると『大丈夫?』とか言って追い払ってあげていたのに‥‥」(36歳・IT関係)

「新人女性社員とベテラン男性社員の3人で営業先から帰るとき、男性社員が新人の荷物を持ってあげたんですけど、どう見ても私のほうが荷物は多かったのに、なぜか私はスルーされました」(37歳・印刷)

「飲み会のとき、上役の横には必ず若い女性スタッフが座ることになっているんです。私が上役の横に座れなくなって早5年。このシステム、そろそろやめてもらえませんか?」(35歳・飲食)

 いずれの女性も内心はムッとしながらも、耐え忍んでいるのだとか。一方で、アンダー30の声を聞いてみると、若いからという理由で受けるエイハラもあるという。

「女性の先輩に仕事を頼まれかけて『あ、ゆとり世代じゃできないかも。やっぱりいいや』と言われたのに腹が立ちました。ゆとり世代というだけでバカにされるのがイヤです」(25歳・会計事務所)

「取引先に伺ったとき、まだ何も話していないのに『若い女のコじゃ話が通じないよ。上の人はいないの?』とオジサンに言われました」(26歳・システム開発)

 その実力も見ずに「若い女性=何もできない」と決めつけられることにご立腹な女子たちが多い様子。もちろん男性にも同じようなエイハラはあるのだろうが、女性にとって日本のカイシャというものは、まだまだ快適に働ける環境とは言えなさそうだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング