2015/10/25 09:59

清原亜希「修正やめて」発言も出版界からは「そのまま載せたら誰も買わない」

20151025kiyohara

 モデルの清原亜希(47)が11日、フジテレビ系「ぼくらの時代」にモデル・佐田真由美(38)、滝沢眞規子(37)とともに出演。ファッション誌の“修正”について疑問を呈した。

「清原は佐田とともに、雑誌に掲載された自分の顔からシミやシワなどがなくなっているだけでなく、脚まで実物より細くなっていることを明かし、『あ、これ私じゃない』と思う時があることを告白。さらには、子供からも『ママがやってるのはウソつきだね』と言われたことがあり、編集の際に修正しないよう要望しているそうです」(テレビ誌ライター)

 もっとも雑誌に登場する女性たちの修正は、いまや当たり前の話。番組を観た出版関係者が語る。

「もはやできない修正はないですからね。顔やウエストを削って細く見せるのは当たり前。短足の人なんてバランスをよく見せるために、ほかの人の足を貼り付けたりすることも。でべその女性だったら他の人のへそを移植して直しています。そのまま載せるなんて20代でもキツいのに、30代、40代なんてとても掲載できたもんじゃない。雑誌のクオリティが落ちて誰も買わなくなりますよ。何時間もメイクしたりする人もいますが、どうせ後で『肌をなめらかに』と指定するのだから、メイクさんもある程度に仕上げてくれればそれでいい。太っていたら『肉を削る』と指示しますし、モデル側もそれがわかっていますから、プロポーションを維持する努力をしている人は減っていますね。正直、清原さんをそのまま載せたら実売ダウン必至でしょう」

 読者に見てもらえるのも「修正」さまさまなのが実態のようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

    女性が考える“理想の顔”って、いったいどんな顔だと思いますか。「可愛い系/キレイ系」「華やか/シンプル」「イマドキ/コンサバ」など、理想の顔を決める要素は数多くありますが、年齢の違いはもちろん、好みや感じ方は人それぞれ。 … 続きを読む 女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

  2. 26223

    鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

    薄着の季節がはじまると気になってくるのが「ムダ毛の処理」。ファッションやメイクはバッチリ気合を入れてキメたのに、「ワキ毛の処理をすっかり忘れてた!」なんていうのはよくある話。なかには「街なかで偶然会った友人と立ち話してい … 続きを読む 鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

  3. 23112

    結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

    誰にでも理想の結婚相手の条件はあるもの。ただ、理想を追い求めすぎる婚活女子に注意してもらいたいのが「ハイスペック彼氏」。高学歴、高収入、おまけに身長も高くて‥‥なんていう、深田恭子とマツコも羨ましがりそうな好条件がズラリ … 続きを読む 結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

注目キーワード

ランキング