2015/10/25 09:59

清原亜希「修正やめて」発言も出版界からは「そのまま載せたら誰も買わない」

20151025kiyohara

 モデルの清原亜希(47)が11日、フジテレビ系「ぼくらの時代」にモデル・佐田真由美(38)、滝沢眞規子(37)とともに出演。ファッション誌の“修正”について疑問を呈した。

「清原は佐田とともに、雑誌に掲載された自分の顔からシミやシワなどがなくなっているだけでなく、脚まで実物より細くなっていることを明かし、『あ、これ私じゃない』と思う時があることを告白。さらには、子供からも『ママがやってるのはウソつきだね』と言われたことがあり、編集の際に修正しないよう要望しているそうです」(テレビ誌ライター)

 もっとも雑誌に登場する女性たちの修正は、いまや当たり前の話。番組を観た出版関係者が語る。

「もはやできない修正はないですからね。顔やウエストを削って細く見せるのは当たり前。短足の人なんてバランスをよく見せるために、ほかの人の足を貼り付けたりすることも。でべその女性だったら他の人のへそを移植して直しています。そのまま載せるなんて20代でもキツいのに、30代、40代なんてとても掲載できたもんじゃない。雑誌のクオリティが落ちて誰も買わなくなりますよ。何時間もメイクしたりする人もいますが、どうせ後で『肌をなめらかに』と指定するのだから、メイクさんもある程度に仕上げてくれればそれでいい。太っていたら『肉を削る』と指示しますし、モデル側もそれがわかっていますから、プロポーションを維持する努力をしている人は減っていますね。正直、清原さんをそのまま載せたら実売ダウン必至でしょう」

 読者に見てもらえるのも「修正」さまさまなのが実態のようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング