鈴木砂羽、“毒親疑惑”も囁かれた「ちょっと衝撃的」な幼少期の「家族ルール」!

 女優・鈴木砂羽が、幼少期、友人の母親からの言葉がキッカケで自分の家庭が変わっていることを知ったというエピソードを明かした。3月14日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)でのことである。

 両親がともに画家で、自身も女子美術大学短期大学に進学した鈴木。特技は漫画を描くことで、過去にはエッセイ漫画を連載したこともあるのだが、幼少期には「美大出身で、ちょっと尖っていた」両親について、ある悩みがあったという。

 鈴木は「いつも夜更かししてた。映画を観たり、喋ってたり。でも、朝は一向に起きてこない」と当時の両親の生活ルーティンを回想。自身は「朝5時くらいに起きて、テレビでアニメを見てた」というが、親はいつまで経っても「起きてこない。9時になっても10時になっても起きてこない」のが普通だったという。

 朝食を作ってもらえず、何もすることがない鈴木は「隣の家に遊びに行っちゃった」と振り返るが、友人の母親からは「まだご飯食べてるから」「朝ご飯は食べたの?」との質問が。これに幼い鈴木は驚かされたといい「うちでは一切(朝食が)出てきたことがなかったので、すごいびっくりした」と苦笑。「若いお父さんとお母さんで、ほったらかしではないが、“好きにしなさい”と。お昼はちゃんと出たので、私のご飯はお昼からだと思ってました」「ちょっと衝撃的な話でした」と、両親の教育方針を説明した。

「母親からすると、朝食と昼食が一体化した“遅めの朝食”“ブランチ”という位置付けだったのかもしれませんが、まだ幼い子供に対して『好きにしなさい』という方針に関してはネットから『ネグレクト?』『毒親臭がする』などの声もあがりました。鈴木自身、それほど深刻に語っているわけではありませんが、現在ならば育児放棄だと問題視されてもおかしくないでしょう」(テレビ誌ライター)

 そんな両親から受け継いだアーティスティックなDNAは健在で、鈴木は様々な番組でプロ級の出来栄えの水彩画や漫画を公開している。朝食の有無など吹き飛んでしまうぐらい、稀有な才能を育んでくれた感謝のほうが大きいのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング