中川大志は母性本能くすぐり系?虫だけじゃない「弱点」にキュンです

 俳優の中川大志が12月9日、バラエティ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。イケメンの意外な弱点が明らかになった。

 番組で「大人になっても克服できない弱点は?」と聞かれた中川は「虫が苦手…」と告白。虫好きの男の子は多いが、中川は例外だったようだ。中川は3歳からダンスを習い、小学校6年生の頃にはニューヨークへダンス留学。子供の頃から野山で虫に接する機会も少なかったのかもしれない。

 実は中川、虫以外にも怖れていたものがあった。2017年2月に放送されたラジオ番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」(TOKYO FM)に中川は出演し、「僕、意外とビビりなんですTOP3!」と題して、苦手ものを発表した。

 第3位は「高いところ」。中川は高所恐怖症でビルや学校の屋上で撮影があったときもビビったようだ。ただ、バンジージャンプは1度経験したことがあるとか。第2位は「虫」で、特に苦手なのはバッタ。幼稚園の頃は友達と一緒に草むらなどで捕まえていたが、いつのまにか苦手になったという。そして第1位は「おばけ」。お化け屋敷もダメで、どうしても入らなければいけない状況になったら、「両サイドの人にギュッって挟んでもらって、耳も目も塞いで連れて行ってもらう」とヘタレぶりを告白していた。ホラー映画の仕事で廃墟のような場所で撮影したときは、1人でトイレも行けなかったようだ。

 苦手なものだらけの中川だが、克服したものもあった。

「2011年の『女性セブン』が報じています。中川は同年放送のドラマ『家政夫のミタ』(日本テレビ系)に出演。ミタが作る料理は料理学園の校長が監修していましたが、それがすごく美味しかったそうです。中川は卵料理が苦手だったのですが、『食べられるようになりました』と、校長に報告したといいます」(芸能記者)

 卵料理のように虫もおばけも克服し、よりたくましいイケメン俳優になってほしいものだが、ビビる中川も母性本能をくすぐりそうだ。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング