Koki,の「名前入りバッグ」にこだわりの文字がなかったワケ

 モデルのKoki,が12月6日、インスタグラムにて自らの名前をプリントしたバッグを披露。表面にでかでかと「KOKI」の文字があしらわれたバッグに対し、賛否の声が寄せられている。

 Koki,は人気ブランドの「コーチ」が展開するカスタマイズサービス「COACH CREATE」を利用し、手提げバッグに名前をペインティング。これには〈ダサい〉〈こっ恥ずかしい〉といった批判も寄せられているが、当のファンからも疑問の声があがっているというのだ。

「彼女がペイントした名前は『KOKI』の4文字。しかし彼女の名前は最後のカンマまで含んだ『Koki,』であり、なぜカンマを省略したのか、いぶかっている人が多いのです。ただ彼女の場合、カンマを入れたくても入れられなかったというのが実際のところ。コーチのカスタマイズサービスは本来、自分のイニシャルを入れるためのものであり、最初からカンマは用意されていませんからね。しかも最大で4文字という制限もあるので、カンマの代わりにピリオドを入れることもできなかったわけです」(女性誌ライター)

 そういう制限があるならイニシャルの「K.K.」でも良さそうなもの。ただ、Koki,という芸名自体が本名である光希(みつき)の読み替えであり、イニシャルは使いたくないのかもしれない。それにしてもなぜ、芸名にカンマを入れたのだろうか?

「その理由は、母親の工藤静香がカンマを付けたほうがクールだとアドバイスしたからだと言われており、Koki,自身も『アクセサリーみたいでカワイイ』と説明しています。ただ、英語圏では名前にカンマが入ることはなく、海外進出を目指すKoki,にとってこの芸名はマイナスになりかねません。実際、アメリカ企業のコーチが提供するサービスで肝心のカンマを使えなかったわけですし、これを機にシンプルな『Koki』に改名してもよさそうですが…」(前出・女性誌ライター)

 世界に向けて発信しているインスタグラムのアカウント名では「koki」表記を使い、カンマは省かれている。そんな矛盾を解消するためにも、そろそろカンマから卒業したほうがいいのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング