えっ、こんな事例も!?“職場ハラスメント”3選

 近年、さまざまな“職場ハラスメント”が話題になっています。それは、セクハラやパワハラだけとは限らないのです。実際、こんなハラスメントを受けた人がいるようです。

■女だからハラスメント

 セクハラとパワハラに近いかもしれませんが、“女だから”という理由のハラスメントを受けることがあるようです。例えば、営業でよい成績を出しても、「女だから甘くされたのだろう」「女性は得だよね」などです。こんなことを言われることがあれば、それは女だからハラスメントかもしれません。

■お菓子ハラスメント

 職場に買ってきた出張先の手土産菓子などを、女子社員が代わりに配ることがありますよね。そんなとき、自分だけ配られないといういじめが。これは、お菓子ハラスメントと呼ばれています。実際、そこまでお菓子は好きじゃないという人でも、「まるで小学生のいじめのようで恥ずかしい」「生き地獄だ」という人もいるようです。

■LINEハラスメント

 今の時代、LINEはやって当たり前という風潮がありますが、もちろんやらない人もいるんです。「えっ、LINEやってないの!?」などは、LINEハラスメントといえるのかもしれません。もしくは、「LINEやろうよ」と強要されることも同様ですね。

 何気なく受けている職場からのハラスメント。ここで紹介した事例以外にも、ハラスメントが潜んでいるかもしれませんよ

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング