ワーママにはこれ!“マザーズリュック”の後悔しない選び方

 子ども用品だけでなく、仕事道具も持ち歩くママにとって便利なのが、大容量の“マザーズリュック”。両手が使えるため、登園や通勤もスムーズです。最近では、機能性やデザイン性に優れたものがたくさんありますから、自分に合った使いやすいものを選びたいですよね。そんな場合は、次のポイントをチェックして選ぶのがオススメです。

■収納ポケットの位置や数

 リュック自体にポケットが少ない場合は、ポーチやバッグインバッグを活用する方法もあります。しかし、リュックの中からポーチやバッグインバッグを探したり取り出したりする手間がストレスになることも。小さな電子機器を複数持ち歩く場合や、すぐに取り出せるようにしておきたいものが多い場合は、手が届きやすい位置に欲しい大きさのポケットが付いているかどうかを、購入時の検討材料にするとよいでしょう。

■雨に強い撥水・防水機能

 雨の日は子どもを守ってママは濡れてしまいがち。雨が楽しくてついつい遊んでしまう子どもをなんとか保育園に預け、いざ仕事に向かおうと思ったらリュックも中身も濡れていた……!ということが頻発しては大変ですよね。雨の日も安心して使いたい方は、撥水加工のあるものを、PCなどを入れるためにしっかりケアしたい場合は防水仕様を選びましょう。さらに、水に弱いものを入れる場所を、リュックの背中側にすると安心です。使いたいリュックが撥水・防水でない場合は、防水スプレーを使用するのも一つの方法ですよ。

■軽量・体に負担のかかりにくい設計

 たくさんモノを入れるほど重たくなっていくリュック……。荷物が重いと、気力や体力を奪われやすくなりますよね。リュック自体が軽量のものや、肩に負担をかけにくい設計のものを選ぶと、ママの負担を軽減しやすくなります。

 マザーズリュックのラインナップから選ぶもよし、仕事やパソコン収納用のバックパックからマザーズリュックとして使えるものを選ぶもよし。お気に入りのリュックに出合って、日々の登園や出勤、子どもとのお出かけを楽しんでくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング