しないほうがマシ!?失敗しやすい3つの“恋の駆け引き”

“恋の駆け引き”が上手な人は、恋愛上手といわれます。ですが、本当は駆け引きなんかしなくたって、素敵な男性と仲良く付き合うことはできるはず。とくに、難しい駆け引きをしようとして、失敗してしまっては目も当てられません。そこで、失敗しやすく、しないほうがよい恋愛の駆け引きを紹介しましょう。

■目を合わせてそらす

 職場などが同じ男性を好きになったとき、無意識に目で相手を追いかけてしまうことってありますよね。それは仕方がないのですが、目が合った瞬間にそらすというのを何度も繰り返して、相手の気を引こうとするのはオススメできません。確かに、相手に「なんだろう?」と思わせることはできますが、よい印象を持ってもらえるかは相手次第。「なんか感じが悪い……」と思われてしまう可能性もあります。

■LINEの既読スルー

 LINEで相手のメッセージを読んだにも関わらず、返信しないで焦らす既読スルー。みんながLINEを使い始めた頃には立派な恋愛テクとして紹介されていましたが、これも失敗しやすい駆け引きの一つです。読む時間があるのに返事をくれないのは優先順位を下げられていると判断され、脈なしと決めつけられる危険性があります。LINEは、読んだら素直になるべく早く返しましょう。

■他の男の影を出す

 気になる男性に「他の人からもアプローチをされている」などと言って、相手を焦らすという恋愛の駆け引きもありますよね。でもこれって、時と状況を的確に見極めないと使えないワザです。間違えて使ってしまうと、ただの自慢のように受け取られて、おしまいになってしまいます。

 恋愛経験が豊富で自信があるのではない限り、恋の駆け引きは失敗する可能性もかなり高いです。絶対にいけると思わないものなら、使わないほうが安全ですよ。

大山奏(おおやまかなで) 大学で心理学を専攻し心理カウンセリングを学ぶ。心理学を恋愛やライフスタイルに応用して楽しむ方法をいつも考えている。アロマテラピスト、カラーセラピスト、整体師でもある。多くの媒体で恋愛コラム、ハウツーを執筆中。

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング